TZ 7077:Charles Wuorinen "Lepton"(2002)

 数値的だがメロディ感を失わない明瞭さがコンセプトという。それがプログレ的に盛り上がった。

続きを読む

TZ 7064:David Mahler "Hearing Voices"(2001)

 声を素材の、電子音楽めいた奇妙な世界が楽しい。いわば音でのタイポグラフィ。

続きを読む

TZ 7014:Li Chin Sung "Past"(1996)

 激しすぎないエレクトリック・ノイズ作品を収めた。

続きを読む

TZ 7002:Chris Brown "Lava"(1995)

 抽象的でメカニカルな現代音楽がシビアに演奏された。ポリリズミックな揺らぎが魅力。

続きを読む

TZ 7247:藤井郷子 / 吉田達也 "Erans"(2004)

 対等な立場でプログレ的なジャズを志向した一枚。基本はハイテンション。

続きを読む