Kramer 「The Guilt Trip」(1992)

 大作にして傑作。生きのいい全盛期に、存分に趣味性を叩きこんだ。

続きを読む

Kramer/Carney/Hild  「Black Power」(1994)

 真剣に聴きこむ盤とは言い難いが、意外と聴きごたえはある。

続きを読む

Rotator Cuff 「Rotator Cuff」(1995)

 インディ・バンドの貴重な記録。煙った爽快感のサイケロックだ。

続きを読む

Ovarian Trolly 「Crocodile Tears」(1993)

 切迫感持った女性ボーカルのサイケなパンク風味のロック。

続きを読む

Jad Fair and Kramer 「Roll Out the Barrel」(1988)

 詩人ジャド・フェアを担ぎ、ラフなアイディアを詰め込んだ一枚。

続きを読む