Derek Bailey, George Lewis and John Zorn 「Yankees」(1983)

 若かりしジョン・ゾーンとジョージ・ルイスが巨匠の胸を借り、即興を追求した。

続きを読む

John Patton 「Blue Planet Man」(1993)

 ジョン・ゾーン効果かな?ベテラン奏者の復活オルガン・ジャズ。

続きを読む

過剰で過酷なバガテル・マラソン。

 タイムテーブル見たが、強烈な構成のイベントだ。呆れた。

続きを読む

ジョン・ゾーンの新曲群

 一気に新曲が投入された、ジョン・ゾーンの現代音楽。

続きを読む

John Zorn 「Spy vs Spy」(1989)

 高速スラッシュなアプローチで、オーネットの器楽的な作曲が持つ鋭利さを強調した。

続きを読む