Sonny Rollins 「G-Man」(1986)

 さほど凝らず、楽し気なライブの様子を無造作に切り取った盤。

 LPでは3曲入り。CDはボートラで50年代のレパートリーな(4)が追加。
 トラッドをアレンジした(3)以外は全曲、ロリンズのオリジナル。86年8月16日にNYの彫刻がある公園"Opus 40"でのライブ盤。その時の様子が映像でも残ってる。日本でも公開されたようだ。 

 
 前スタジオ作"Sunny Days, Starry Nights"(1984)ではドラム以外が同じメンバー。本盤に続く"Dancing in the Dark"(1987)はベース以外同じメンバー。で、本盤のベースは、ロリンズでおなじみボブ・クランショー。すなわちハウスバンドとして、馴染みのメンバーで吹き込んだ。

 アルバム全体の印象はパワフル。前作"The Solo Album"で聴かせた存在感をそのままに、バンド・スタイルで明るく賑やかに盛り上げた。

 たぶん(1)と(2)が本盤で初披露の新曲。(3)はライブで定番の曲で、(4)はコルトレーンと共演した56年の同名アルバムで発表済み。まだロリンズは現役感ばりばりで、過去に頼らず力強い演奏をしてる。

 (1)はロリンズが吹きまくり。豪放でときおりノイジーにサックスが軋む。荒っぽいほどだ。だがこの力押しを整えずに成立させるのが、ロリンズの魅力だろう。
 この曲のみ、ぐっとフュージョン寄りの展開だ。4ビートだが手数多いドラムをクランショーがグルーヴィーに支えた。何が他の曲と違うんだろう。和音感かな。
 超ロングトーンで押したりと、明らかにこの曲だけロリンズのアドリブも冴えている。
 (2)には翌年4月9日にテナーのオーバーダブが施された。テーマでサックスを重ねてるかな。ほんのりラテン風味と、ロリンズが得意なジャンルの曲だ。トロンボーンやピアノにもじっくりスペースを与えつつ、サックスもしっかり目立ってる。
 ここではベースの動きが美味しい。さりげないカウンターのフレーズでアンサンブルをきゅっと締める、クランショーの懐深いフレーズ展開の楽しさを改めて実感した。
  
 (3)はフェイドインで始まった。11分越えのテイクだが、既にメドレーで前曲から盛り上がってたらしい。これもラテン風味。
 この時期のロリンズはあまり再発で評価されてないし、さほど音楽的な必然性も無い。しかしこのライブの全尺テープとか、レコード会社の倉庫に転がってたりしないかな。賑やかに楽しく盛り上がってそうだ。

 楽曲はちらとテーマっぽい雰囲気を見せたまま、ドラム・ソロに雪崩れる。延々続くラテン・ビート。たまにクランショーがリフを数音重ねるくらい。
 しかし初めてLPで聴いた人は、戸惑ったのではないか。手数多くドラム・セットを叩きのめす演奏が、ロリンズの音も出ずに延々続くんだから。

 テナー・サックスは3分45秒を過ぎて、ようやく表れる。豪放かつメロディアスにやたら吹き鳴らす。手癖のままタンギングも荒々しく盛り上げるさまは、いかにもライブっぽい。まあ派手。
 低音から軋ませる高音まで幅広い音域を使って、吹きまくり。元気いっぱいだ。
 終盤でトロンボーンも加わりチェイスっぽく掛け合うが、あくまで主役はロリンズ。がっちり主導権を握ってる。

 (4)もわずかにフェイドイン気味。これは編集の演出と言うより、メドレー的な演奏の前半部分を切ったのかも。テーマからすぐにトロンボーンのソロへ。歯切れ良いフレージングでアドリブするなか、たまにロリンズが音をかぶせる。
 リズム隊がオーソドックスなアレンジで煽るいっぽう、トロンボーンはディキシーめいたオールド・タイムなフレージングで応えた。

 ピアノからベースへとソロは順調に回る。破綻は無く、聴きやすいジャズ。もう一歩、緊張感が欲しかった。ライブではいいかもしれないが、アルバムとして改めて聴くには焦点が定まらず、大写しで概要を見てるかのよう。
 ロリンズが登場は7分半過ぎ。急にドラムが元気出て、サックスと4バーズ・チェンジを始める。高速4ビートの演奏は手慣れ過ぎてるが、深く考えずに楽しむなら、これもあり。

Track listing:
1. "G-Man" - 15:19
2. "Kim" - 5:58
3. "Don't Stop the Carnival" (traditional; arranged by Rollins) - 11:18
4. "Tenor Madness" - 12:01

Personnel:
Sonny Rollins: tenor saxophone
Clifton Anderson: trombone
Mark Soskin: piano
Bob Cranshaw: electric bass
Marvin "Smitty" Smith: drums

関連記事

コメント

非公開コメント