鈴木賢司

なんとなく検索。前にも同ネタで日記書いた気がしないでもない。まあいいや。
64年生まれで、僕よりちょい上の世代。中学位にFMステーションで尾崎豊と並んで新時代の若手ギタリストと紹介された。Wikiを元に簡単な経歴を書いてみる。

1983年 デビュー。学生服姿のギタリストとしてサザンのツアーに前座で出演
1987年 ジャック・ブルースと共演で海外の活動を勧められ、1988年に渡英
1998年 シンプリー・レッドのメンバー
ぼくが聴いてたのは84年前後。シンプリー・レッドの頃は良く知らない。

デビューの頃がこんな。若い。
翌年、ちょっとワイルドになる。
ぼくが好きなのは、この曲。映像が見つからない。確か自らのラジオ番組をFM横浜でやってて、そのテーマソングだった気がする。
ああ、これこれ。「鈴木賢司のクラブエレキング」。87年9月29日の最終回。

ジャック・ブルース&アントン・フィアとのセッション。映像あったのか。
CDは廃盤だが、今Amazonで見たら3千円弱。あまりプレミアついてないな。
髪型から見て、同じ時期かもしれない。芝浦inkstik(って、バブルを思い出す)でのいとうせいこうと共演ライブ。へえ。知らなかった。

坂本龍一の"Broadway Boogie Woogie"でギター・ソロも弾いてた。スティーヴ・ヴァイの都合が合わず、鈴木健二をブッキング・・・だっけ?検索したら、鈴木は不参加だが当時のライブ映像あった。溌剌な坂本が懐かしく、見入ってしまった。
これって、ギターはテープ?

さて、鈴木賢司に戻る。何年くらいの映像だろう。BBCでの特集番組。

2012年9月18日、ミック・ハックネル(元シンプリー・レッド)のライブ映像より。
もいっちょミック。JBのカバーなんぞやってたのか。

今はこんな風に渋くなってるようだ。2014年8月28日、横浜サムズアッブでの映像。弾くときはワイルドだがブルーズ・ロック路線か。
関連記事

コメント

非公開コメント