The Dells

Youtubeで大概の洋楽は聴ける、と思ってたが、ためしにDellsがどの程度あるか、検索してみた。リストは本稿末尾に。
まとめると、意外に見つからない。もっと人気あると思ってた。

そもそもこの映像が、ちょうどうまい具合にベスト盤だ。約1時間。
盤起こしをテープ録音したような、しょぼい音質はご愛嬌。良い音質には、お金がいる。

CDで手に入るか、も下にまとめた。そもそもドゥワップ時代はアルバムにこだわる必要が全くない。70年代以降だな、アルバムにこだわるなら。しかし後述のように、廃盤でプレミアばかり。見たときに買え、状態だ。
そしてまだ、再発されてないアルバムもある。

そもそもデルズはベスト盤も色々あり。曲単位ならもう少し聴ける範囲は広がるかも。
キャリア概覧ベスト盤なら、この2枚組が良さそう。ちょっと古い盤でマスタリングがしょぼそうだが。信頼のHip-Oだし、だいじょぶかな。
"Anthology"(1999,Hip-O Records)

一枚ものだと、これか。さすがHip-O、大まか視点も押さえてたか。
"Ultimate Collection"(2004, Hip-O Records)

初期音源のベスト盤で選ぶなら、これか。「ほしい物リスト」にいれとこ。
"Time Makes You Change 1954-61"(2012, Jasmine Music)

4~6枚組くらいのBoxあってもおかしくないが、検索の限りで見つからず。
Amazonのデジタル・ミュージックで"The Dells"を検索したら、1300件以上ヒットした。もちろん関係ない盤も含めてだが。とても見てられん。
これからの時代、いかに検索でヒットしやすく差別化できるかってのがポイントと、しみじみ。

<Discography>URLがアルバムFull音源映像。
 Wikiより。★は今、Amazon新譜やマケプレ、タワレコで入手可なCDあり、の意味。
"Oh, What a Nite" (1959)【★】プレミア付き。
"It's Not Unusual" (1965)
"There Is" (1968) 【★】
"Musical Menu" (1969)
"Love Is Blue" (1969)
"Like It Is, Like It Was" (1970)
"Freedom Means" (1971)
"The Dells Sing Dionne Warwicke's Greatest Hits" (1972)【★】プレミア付き。
"Sweet as Funk Can Be" (1972)
"Give Your Baby a Standing Ovation" (1973)【★】プレミア付き。
"The Dells" (1973)
"The Dells vs. The Dramatics" (1974)【★】
"The Mighty Mighty Dells" (1974)【★】プレミア付き。
"We Got to Get Our Thing Together" (1975)
"No Way Back" (1976) 【★】 (日本タワレコ限定再発)
"They Said It Couldn't Be Done, But We Did It!" (1977) 【★】
"Love Connection" (1978) 【★】
"New Beginnings" (1978) 【★】プレミア付き。
"Face to Face" (1979) 【★】プレミア付き(同上の2in1)
"I Touched a Dream" (1980) 【★】
"Whatever Turns You On" (1981) 【★】
"One Step Closer" (1984) 【★】
"The Second Time" (1988) 【★】
"I Salute You" (1992) 【★】
"Reminiscing" (2000) 【★】
"Open Up My Heart: The 9/11 Album" (2002)
関連記事

コメント

非公開コメント