ラグタイム・ピアノの愉しみ。

 ふっと聴きたくなった。ごっそりと往年の曲を譜面付きでアップしてるサイトあり。面白くて片端から流している。
A-L http://ragtimeguitare.com/2.html
L-Z http://ragtimeguitare.com/3.html

 音源は最近の録音かな。いちおう人間の演奏っぽいが、MIDIかなあ?とりあえず一曲。


 もともとダイナミズムより転がるようなファンキーさが魅力の曲なため、平板な演奏スタイルでもあまり気にせず楽しく聴ける。上のURLにずらり曲名が並び、クリックするとその曲のYoutube動画へ飛ぶ仕組み。
 ただ、どれか適当に一曲動画を流しても、自動演奏されるようだ。さすがに延々聴いてると飽きるけれど。
 シンプルなフレージングと和音の変化を楽しもう。

 ラグタイムといえばスコット・ジョプリンの"The Entertainer"(1902)。なぜか上のサイトからは、当該動画へ飛べない。ちょっと検索したら、すぐ出てくるけれども。


 あとは細野晴臣が率いる、ティン・パン・アレーの"キャラメル・ラグ"も大好きな曲だ。こっちは動画が出てこない。

関連記事

コメント

非公開コメント