クリスティ・ムーア新譜"Lily"発売

 「アイリッシュ・フォークの重鎮クリスティ・ムーア 新アルバム『Lily』を発売」の記事がamassにあり。http://amass.jp/72577/
 このサイトはときどき、すごく脈絡ないニュースを乗っけてきて楽しい。

 クリスティ・ムーアか・・・トラッドから英国音楽に興味持った7~8年前に、何枚か聴いた。SSWっぽい立ち位置でいいのかな。Wikiは日本語記事すらありゃしねえ。
https://en.wikipedia.org/wiki/Christy_Moore
 アイリッシュ・ケルト音楽の重要バンド、プランクシティやムーヴィング・ハーツにも参加した。
 渋く頼もしい旋律を温かく、懐深く歌うところが魅力だ。アイルランドでは国民的歌手らしい。後述するが、膨大なアルバムがある。

 なんかボックスで良いの無いかな、と検索したら。ちょうどいいのがあった。
"Box Set: 1964-2004"(2004)


 英ソニーが過去作から編んだ、6枚組Box。レア曲やB面も織り込んでるらしい。値段も手ごろ。いわゆるオリジナルLPのフォーマットで聴いてみたい気もするが。何十枚もいっぺんに聴くのは大変なので、まずは一歩一歩。
 (追記)・・・良く調べたらこれ、完全なレア・トラック集だった。入門編には向かないか。

 クリスティ・ムーアはあまりYoutubeに音源がない。この"Ride on"(1984)ってのは、良いアルバムだよ。


 では、ディスコグラフィを。発売月とか前後間違いあると思うが、ざっくりwikiをもとにExcelで整理は、こんな感じ。
【Discography】
(1969) Paddy on the Road 
(1972) Planxty 【Planxty】
(1972) Prosperous 
(1973) The Well Below the Valley 【Planxty】
(1974) Cold Blow and the Rainy Night 【Planxty】
(1975) Whatever Tickles Your Fancy 
(1976) Christy Moore 
(1978) Live in Dublin 
(1978) The Iron Behind the Velvet 
(1979) After The Break 【Planxty】
(1980) H Block 
(1980) The Woman I Loved So Well 【Planxty】
(1981) Christy Moore and Friends 
(1981) Moving Hearts 【Moving Hearts】
(1982) Dark End of the Street 【Moving Hearts】
(1983) The Time Has Come 
(1983) Words and Music 【Planxty】
(1984) Ride On 
(1985) Ordinary Man 
(1986) The Spirit of Freedom 
(1987) Unfinished Revolution 
(1989) Voyage 
(1991) Smoke and Strong Whiskey 
(1993)  King Puck 
(1994)  Live at the Point 
(1996)  Graffiti Tongue 
(1999)  Traveller 
(2001)  This is the Day 
(2002)  Live at Vicar Street 
(2004) Live 2004 【Planxty】
(2005)  Burning Times 
(2006)  Live at The Point 2006 
(2009)  Listen 
(2011) Folk Tale 
(2013) Where I Come From 
(2016) Lily

買い進める時のメモに、聴いたことある盤を黒太字にしてみた。

演奏の動画。

バウロン叩いて歌う動画も貼っておこう。

関連記事

コメント

非公開コメント