明田川荘之"ライブ・イン・函館「あうん堂ホール」"(2014)

 パブリック・イメージの難しさ、を感じた盤。演奏はばっちり。

 明田川荘之はフリーの人、と捉えられてるようだ。たしかにクラスター連発で派手に引き倒すこともしばしばある。だが本質はオーソドックスなコードを軸にした演奏だと思う。咀嚼力が幅広いのとサービス精神ゆえに、フリーで盛り上がる場面ばかり強調されるが。ライブでもテーマを丁寧に繰り返し、変奏し、アドリブに向かう。もちろんパワフルな連打に向かうこともあるが。

 本盤は函館のホールで録音された。明田川は数十年間、ライブ演奏にこだわってきた。スタジオ録音のリーダー作は"わっぺ"(1992)以降、約25年間で一枚もない。ほとんどがアケタの店で録音だから、音の質感も基本的に揃ってる。
 
 その頑固な一徹さを続けてきた明田川の、貴重な外部でのライブ録音がこれ。地方公演での様子が伺える。
 "メニーナ・モッサ" (2009)でも数曲が地方ライブの音源だった。だが本盤は久しぶりのアルバム一枚まるごと、アケタの店以外での演奏風景を収めた。"Live In Netherlands"(2004)ぶりかな。

 40年以上も明田川はここ函館のホールでライブを続けてきたそう。ライナーにある昔のエピソードが凄まじい。明田川トリオは交通事情でライブを1時間ほど遅らせる。到着するなり3時間ぶっ続けで弾き、「ちょっと休憩します」と一言。2セットめもやったとか。昔、深夜ライブで興が乗ったか2時間近く、延々と弾きまくってくれたことを思い出す。

 さて、本盤。基本はピアノ・ソロだが2曲でソプラノ・サックス奏者が入る。フリー専門で当地では最後の1曲で吹きまくるひとという。
 演奏はまさにフリーキー。(2)の冒頭からブレス音を延々と響かせ、いざ吹き始めると電車道。ピアノの動きにとらわれずひたすら自己解放する。音楽的には好みの問題だが、やってる人は本当に気持ちよさそう。

 明田川はここで、むやみに合わせもしないし、寄り添いもしない。だが共演者を孤立させない。そのへんの包容力がサービス精神の表れと思う。
 本盤は正直、聴いててきつい。演奏はアグレッシブで凄いが、共演って何だろうと考え込んでしまう。

 (1)は"風の人~明田川 孝の思い出~"(1998)に収録した坂口博樹の曲で、オカリーナ・ソロ。カラオケを流し、ソロを奏でる趣向だ。以前の深夜ライブで、最終曲に何度か似たような演出をしてた。カラオケゆえに、どんなアドリブを明田川が吹こうとも反応はしない。そんな寂しさを、敢えて一曲目に置いたと位置づけるのはうがちすぎか。

 (2)が最初にソプラノ・サックスが加わる。最初のピアノ・ソロで濃密にうねる場面がすごい。さらにサックスのブレス音の緊張感が、いつ始まるかの張りつめた空気を演出した。
 いざサックスが加わると吹き倒し。タンギングをときおり混ぜ、ずるずるのフレーズではない。明田川は当初こそコードを意識してたが、すぐさまフリーにシフト。猛然と鍵盤を叩きのめす。
 それにしても明田川のクラスターはきれいだ。がつんとまとめて鍵盤を叩いてるのに、メロディアスさを常に内包してる。

 楽曲はスタンダード。コルトレーンのソプラノ・サックスでも有名だが、アレンジは明田川の流儀にて。切なくアラビックに盛り上がる。"Nearness Of You"(1993)ぶりの音盤化だ。
 サックス・ソロが終わった後に強引にコーダルな世界に戻り、急展開でテーマへ。この二段階の変化がダイナミックだ。

 (3)もスタンダード。少なくともCDでは初音盤化、かな。非常に思い入れある曲らしい。瑞々しいピアノの響きと、ソロならではのグラグラ揺らすテンポ感が、センチメンタルに盛り上がる。
 ピアノの和音を弾いてペダル踏んで残響残し、オカリーナを持ち替えながら吹く奏法も聴ける。すっと無伴奏で吹く場面の挿入がスリリングだ。やがてピアノを抜いてオカリーナの独奏。静かに床を踏む、靴音も小さく響いた。
 ピアノに戻ると、美しさが充満する。唸りながら断続的にグルーヴを揺らしつつ、切なく淑やかなメロディが溢れた。本盤でベスト・テイク。
 
 最後はオリジナルの代表曲。この時点で6回目の音盤化、さらに次のアルバムでタイトル曲とし収録される。やはりがっつりと最初はピアノ・ソロで盛り上げた。
 ソプラノ・サックスが入ると、そのままフリーに。前後の脈絡なく世界観が変わる。満足げにサックスが力尽き、ぴたりと二人は同時に着地。
 短くテーマに明田川は切り替え、雄大にしめた。この高度差が凄い。

Track Listing:
1.吹けよ風 4'20"
2.My Favorite Things 14'35"
3.I should care 11'28"
4.African Dream 12'46"

録音:2013年10月24日 函館「あうん堂ホール」

Personnel:
明田川荘之:p,オカリーナ
大矢内愛史:ss on 2 & 4

大矢内愛史の演奏風景がYoutubeにあがってた。

関連記事

コメント

非公開コメント