LISA  「JUICY MUSIC」(2003)

 キャッチーなメロディと伸びやかな歌が楽しめる1stソロ。

 日本語ラップは、なんだかんだ言ってm-floが好き。あのバラエティ溢れるアレンジとキャッチーな旋律は驚異的だ。当時は日本のヒットチャート聴いておらず、いわゆるリアルタイム感は皆無。数年前にものすごく興味が出て、まとめて聴き返した。
 初期m-floの粗削りかつ切なさをまとった世界で、頼もしくも綺麗な歌でがっちりサウンドをまとめてたのが、LISAだった。

 これはm-flo人気絶頂の02年にLISAが脱退、翌年にリリースした1stソロ。その間に発表した4枚のシングルA面すべてと、2ndカップリング"言えなくても"、4th"Best Wishes"を収録した。
 逆にシングル1stの併収、"where peace belongs"や2ndの"scene two. close your eyes. set yourself free"、3rd"イケナイ女"はアルバムに収められず。

 CDがどっかに行ってしまい、録音クレジットは確認できず。打ち込み中心のトラック・メイキングを行ってる。細かいビートを重ね、厚みあるサウンドを作ったのが特徴だ。さらにあまりベタッと音をかぶせず、隙間ある生演奏っぽいニュアンスも取り入れた。

 とにかくメロディがキャッチー。すべて自作なのが凄い。職業作曲家の手を借りず、こんな魅力的なメロディを作れるとは。さらに高音域が滑らかに舞う声と、幅広い声域にニュアンスをさまざまに変化させる抜群な歌唱力を持つ。そのうえ声質もしっとりと瑞々しい。
 いわゆる和声R&Bとして極上の仕上がりで、今でもたまに聴き返す。どっちかと言えば、前半の流れが好きかな。特に(2)が良い。3連符で畳みかけるサビの譜割とかね。

 生バンドをバックでゴスペル風に歌い上げる(14)の迫力も聴きもの。その一方でいわゆるベタに歌い上げる(12)みたいな曲も並列なとこも彼女の特徴。
 さまざまな文化が混淆されてるが、カタログ的な知識の羅列でなく、いったん自分のフィルターを通した表現に聴こえる。小器用にバラエティ富ませるのでなく。どのタイプの曲も、わざとらしい作為性が無い。

 アップテンポは時代を経て古びてしまうことが多々あるが、本盤では依然としてキュートに響く。細かな譜割と跳ねるリズム感、さらに多彩な歌声がそうさせるのだろう。
 例えばニトロのDABOを客演に招いた(9)。チカーノ的なリズムはいまだと古めかしいけれど、弾む歌声とテンポ良い歌声がバック・トラックの軽みを和らげてる。ちなみにダボのラップも短いながら、きっちり渋くキメてる。

 なお当時のインタビューがまだ、ネットに残ってた。
http://ent2.excite.co.jp/music/interview/2003/lisa/in01.html
http://www.vibe-net.com/musicinfo/interview/data/lisa.html

Track listing:
1. Juicy World ~Intrelude~
2. Superstar 【4th single】
3. Galaxy
4. You are beautiful ~Interlude~
5. NATURAL COLOR
6. Best Wishes (original)
7. move on 【1st single】
8. inspiration
9. The Shwing feat.DABO
10. What you gonna do? ~break~
11. I Promise
12. 言えなくても・・・
13. i'm all you 【3rd single】
14. Let me cry
15. バビロンの奇蹟 【2nd single】
16. Sayonara Juicy ~call & response~ ~bonus track~
17. Best Wishes (extended wishes w/o intro)

 率直なところ、こういう流行ものは時期を外すと、とことん中古の値段が下がる。機会あったら聴いてみて欲しい。時を超えた良さがあると思う。



関連記事

コメント

非公開コメント