ハンマークラヴィーア

バックハウスで聴いてる。52年の録音らしい。第一楽章の最後で、和音から異様にメロディが浮かび上がる瞬間が凄まじい。
パブリック・ドメイン音源あり。
http://www.bestweb-link.net/ong_2_all_1-03.html#03

ベートーヴェンのピアノソナタ第29番、ハンマークラヴィーアは当時、超絶技巧だったそう。1817-19年に書かれ、「50年後には人間が演奏する!」とベートーヴェンは言ったとか。人間の進歩はありがたい。もっとも当時、打ち込みなんてないのだけれど。

なんか面白いカバーでもないかな、とYoutube検索したら、様々なピアニストの演奏がずらり。
いくつか打ち込みの動画はあったけど、特筆するほどではない。この曲、長いからな・・・聴き比べも大変だ。とりあえず、爽やかでしゃっきりしたバックハウスの演奏に浸ろう。溢れる第4楽章の生き生きした跳ねっぷりも心地よい。

一通り聞いて、今はバレンボイムのこの動画を聴いてる。派手だなあ。タッチ柔らかいけど、すっげえ盛り上げるなあ。

関連記事

コメント

非公開コメント