100枚って難しいな。

 ロック名盤100枚を選んでみよう、という日記。

 
 ユニオンのWebに「新品レコードで聴くロック定番100選」ってコラムがあった。
http://diskunion.net/rock/ct/news/article/9/55803
 同じミュージシャンから複数枚って枚数稼ぎでしょ。それにポップスやソウルやロックンロールを入れてるんじゃないよ、と突っ込み入れたのが発端。
 どうせなら純粋に一人1枚で厳密に選ばなきゃ。音楽の海は深いんだから、と。

 なら自分で選んでみるか、と試みた。昔はこういうの選ぶのって抵抗あったが、もうこの歳になるとどうでもよくなってきた。
 ところが30枚も上げられやしない。ちょっとびっくり。

 いかにぼくがロックを聴いてこなかったかって証明だな。
 
 おまけでリストも書いておく。まず定義を明確にしよう。理由は色々あるが、煩雑なので割愛。

・ロックンロール、は外す。これ重要ね。ロックとロックンロールは違う。
 もちろんソウルもポップスもジャズもみんな割愛。
・1960-75年まで。一人、1ミュージシャン。
・僕が聴いたことあるのが、大前提。「好きな盤」縛りはさらにリスト減るので、あんまり厳密にはしなかったが。

 ということで、この26枚。うわー、半端なリストだ。発売年度の順。
1965 Bob Dylan "Highway 61 Revisited" 
1965 The Beatles "Rubber Soul" 
1967 The Doors "Strange Days" 
1967 The Velvet Underground "The Velvet Underground & Nico" 
1968 The Jimi Hendrix Experience "Electric Ladyland" 

1969 Chicago "Chicago Transit Authority" 
1969 Fairport Convention "Unhalfbricking" 
1969 Frank Zappa "Hot Rats" 
1969 Grateful Dead "Live Dead" 
1969 King Crimson "In The Court Of The Crimson King" 

1970 Neil Young "After The Goldrush" 
1970 The Who "Live At Leeds" 
1970 Traffic "John Barleycorn Must Die" 
1970 Van Morrison "Moondance" 

1971 Emerson, Lake & Palmer "Tarkus" 
1971 The Kinks "Muswell Hillbillies" 
1971 The Rolling Stones "Sticky Fingers" 
1971 Todd Rundgren "Somewhere/Anywhere?" 

1972 Elton John "Don't Shoot Me I'm Only The Piano Player" 
1972 Genesis "Foxtrot" 
1972 Yes "Close To The Edge" 

1973 Lou Reed "Berlin" 
1973 Pink Floyd "Dark Side Of The Moon" 
1973 Rick Wakeman "The Six Wives Of Henry VIII" 
1973 Soft Machine "Seven" 

1975 Bruce Springsteen "Born To Run" 

 なんか予想以上にプログレが多い。昔の盤だと僕の興味範囲ってそっちなんだな。

関連記事

コメント

非公開コメント