TZ 8028:Earle Brown "Folio And Four Systems"(2006)

 若干、コンセプト先行ゆえの堅苦しさはあるが、実験的な現代音楽を非クラシックの人たちが自由に取り上げたトリビュート盤。

 アール・ブラウンは02年に70代で没したアメリカの現代作曲家。Wikiによれば"Open Form"と題した図形楽譜などで名を馳せ、アメリカ現代音楽界を活気づけた大きな一人らしい。
 本盤は生誕80歳記念に、さまざまなミュージシャンが彼の代表作の一つ、"Folio And Four Systems"を取り上げたトリビュート盤。

 この作品はアール・ブラウンの公式Webに細かな解説あり。抽象的な図形楽譜集だ。実際の楽譜が、ライナーに掲載されたものか。ブラウンの解題がここに載っている。
http://www.earle-brown.org/images/file/media/Folio%20and%20Four%20Systems%20Prefatory%20Note.pdf

 作曲は54年、初演は電子音楽家のデヴィッド・チュードアが同年4月28人に、NYのCarl Fischer Concert Hallで行った。
 さらに2年後、前衛舞踏家マース・カニンガムの公演"Galaxy"でも本曲は取り上げられた。演奏はジョン・ケージとデヴィッド・チュードアのピアノ演奏とある。
 本作のコンセプトは図形楽譜の自由解釈。よってどれもが同じ演奏たりえない。

 本作の音盤は、他にこんなのもあり。どれもアルバム1枚ではなく、1曲として取り上げたてい、だが。
   
 
 これはアルバム一枚全部が、本作。フルートでEberhard Blumが演奏した94年の盤。


 収録は13曲で演奏者は以下の通り。冒頭はアール・ブラウンの自演だ。録音時期が記載無いが、いつの作品だろう。パーカッションで音程感を出し、トランペットが断続的に鳴る抽象作品。

 他の楽曲もクラシックを意識したか、静謐でアンビエントなアプローチが多く、アルバム全体は比較的おとなしい。もっと極端なロックやジャズ的な解釈は、敢えて避けた。ビート感が希薄なため、よけいそう感じるのかも。
 
 奏者でStephen Druryが2曲演奏が目立つけれど、一曲は30秒強の小品、もう一曲も2分強とべつだん特別扱いなわけではない。短すぎるからもう一曲、くらいのノリ。
 2ts、2g、2dsと大編成のダイナミズムをクレジットから期待できる(5)も、サウンドはごく大人しくて残念。探り合うように、ゆるやかなテンポで音が蠢く。もっと炸裂しても良かった。
 アール・ブラウン自身がオーケストレーションとクレジットある変則カルテット(g,cl,acc,eg)な(11)も、浮遊する音像がもやもやと漂った。

 完全ジャズかと期待の(7)では、ワダダ・レオ・スミスが多重録音のトランペットで一人ファンファーレのダブ処理みたいな世界を作る。これはこれで面白い。

 イクエ・モリとSylvie Courvoisierのデュオも、イクエの電子音楽へピアノが静かに即興で乗るセッションともとれる。ただしあくまで図形楽譜を意識してか、抑え気味。
 Sylvieが相方をマーク・フェルドマンに変えた(13)でも、今一歩はじけない。フェルドマンは落差激しい断片メロディを強い弓使いで放ち、Sylvieはプリペアード・ピアノで歪んだ残響を持たせ電子楽器風に応えた。

 数分の曲が並ぶ短い曲集な本盤で、8分越えが2曲ある。双方とも電子楽器系。と、期待したが、その長尺のひとつ(9)は弦や木管を含む多重録音でダーク・ドローンな世界を作った。様々な楽器を操るテクニックと、ノイズに向かわぬ穏やかな和音感は聴きものだ。

 そして僕が期待は、メルツバウの(3)。これがもう一曲の8分越えな長尺曲。

 アルバムの中で8分と長い時間をゆだねられた秋田昌美は、プリペアード・アコギ、リング・モジュレータ、コンピュータとSynth 'A'と、アナログ/デジタル双方の楽器を並べた。
 この録音時期な06年はまだ、デジタル主体のメルツバウ。さぞかし派手なノイズを・・・と期待したが。むしろコラージュ風の構成だ。全体の音数やムードも静かなもの。
 冒頭でぎりぎり軋み、雑音をはらんだ弦の響きが"プリペアード・アコギ"か。

 きれいに場面転換し、奥深い闇の蠢きが電子楽器で表現され、ランダムなプリペアード・アコギが音を足す。厳かで密やかな風景だ。
 終盤でシンセが唸り、ハーシュの断片やざらついた電子音が暴れるけれど。何とも大人しさが漂う。

 しかし聴いてるうちに思ったが、これはミックスなりマスタリングの加工だろう。終盤はきっちりとハーシュの音も存在する。バランスを変えてピークを上げたら、ガツンと激しいノイズに仕上がったはず。
 秋田昌美自身か、TZADIK側の判断かはわからない。とはいえ、せっかくメルツバウを起用ならばアルバム全体のバランスが崩れようとも、徹頭徹尾なノイズを聴きたかった。
 異物かもしれない。だがその異形感含めてノイズであり、メルツバウだ。さらに、アルバム全体のトーンを敢えて合わせることが、自由なはずの図形楽譜のコンセプトに合致しとも言い難いのではないか。

1.Folio
 ~Spontaneous Realization of Various Pieces from Folio
Earle Brown: Trumpet, Percussion, Bass

2.March 1953 (MM 135)
Stephen Drury: Piano

3.November 1952
Merzbow: Prepared Acoustic Guitar, Ring Modulator, Computer, Synth 'A'

4.December 1952
Joan La Barbara: Voice

5.Four Systems 1954
Zs (Alex Mincek: Tenor Saxophone, Sam Hillmer: Tenor Saxophone. Charlie Looker: Electric Guitar, Matt Hough: Electric Guitar,Alex Hoskins: Drum Set,Brad Wentworth: Drum Set )

6.November 1952
Ron Kuivila: Pianos

7.Four Systems 1954
Wadada Leo Smith: Trumpet, Effects

8.June 1953
Ikue Mori: Laptop Electronics,Sylvie Courvoisier: Piano

9.March 1953 (MM 87)
Ed Tomney: Various Instruments, Electronics

10.October 1952/March 1953 (MM 87 & 135)
Stephen Drury: Piano

11.June 1953
Orchestrated by Earle Brown
Christian Wolff: Piano ,Daniel Goode: Clarinet ,Nora Jacobson: Accordion,Larry Polansky: Fretless Electric Guitar)

12.December 1952
Morton Subotnik: Electronics

13.1953
Mark Feldman: Violin ,Sylvie Courvoisier: Piano



関連記事

コメント

非公開コメント