Sonny Rollins 「Complete Live At The Village Gate 1962:7/29 1st set」(1962)

 ドン・チェリーと共演の6枚組BOXの三日目、1stセットにうつろう。

 なお本ボックスに収録は1stセットと2ndセットのみ。前日は3セットあったが7/28は土曜日。日曜のこの日は2セットだけ、かな。翌日最終日の7/30は3セットの音源あるし。
 たまたまこの7/29だけ3rdセットの音源が無いのなら、ちょっと残念。

 62年7月28日の3rdセットはCD3の4曲目とCD4の1曲目。約50分のセット。
 この4daysでしばしば取り上げる"Oleo"と、さらにタイトル不明のオリジナルのみ。長尺2曲で飛ばしてきた。

 盛大な拍手に迎えられ、スピーディに疾走する。チェリーも勢いよく飛び出した。ロリンズの音色も太くて良い調子だ。
 本セットでは、とにかくベースの駆け抜けが素晴らしい。
 (1)ではチェリーの探るようなフレージングを、どんどん煽る高速ランニングをウッドベースが凄まじいテンションでぶつけてきた。
 ドラムもメリハリつけて、やはり快調。小気味よくシンバルをせわしなく刻む。
 しかし全体的にテンション一発でなく、ゆとりもったグルーヴだ。

 ロリンズのアレンジかキューでも送ってたのか、リズム隊はときどき完全に手を止める。このメリハリはストーリー性が大胆で良い。ノーリズムのとたん、観客のざわめきが聴こえ、しゃべりながら音楽楽しんでる様子もわかって面白い。こういう尖った演奏でも、BGMとして楽しんでるっぽい。

 冒頭からロリンズが全開で、緩急効かせたアドリブを振りまく。幾分、スラーとタンギングの使い分けも絶妙だ。合間で加わるチェリーが、入りどころを探ってるようにすら聴こえる。いちおうソロ回しの体裁をとってるが、互いにサックスとコルネットが自由に絡むところは、スリルあって心地よい。
 とはいえチェリーが遠慮がち。ソロフレーズになっても変わらない、おずおずな譜割なため、これはもう個性だろう。
 
 (2)は冒頭でチェリーが無伴奏ソロ。小節感が希薄だ。ふと今思ったが、この辺のフレージングのセンスが、のちに変拍子ジャズへ向かう萌芽かもしれない。
 とはいえ演奏を聴いてて、リズム隊との有機的な結合性はチェリーの演奏から感じる。ロリンズは拍を食うような合わせ方するが、チェリーは拍に絡むアドリブだ。

 ロリンズのソロになると、その辺の違いが明瞭になる。ロリンズはリズムがいなくてもビートをキープしており、そこへ実際のリズムを吸収する。だから実ビートが無い無伴奏でアドリブの感じが変わらない。
 しかしこの(2)は、リズムの出入りが極端だ。頻繁に無伴奏に鳴り、リズムとノービートの落差を付けた。

 そのため曲がブツ切れな印象を受け、今一つのめりこめない。音だけだと散漫に感じてしまう。ライブを生で見てたら、だいぶ感じは変わるだろう。たぶんこのライブ、かなりロリンズの意思がアンサンブルに働いてる。音の出入りのキューすら送っていそう。

 総じてこのセットは力がこもって充実してると思う。とはいえ後半の長尺は、けっこう聴くのに集中力が必要だ。

[Set list]
1.Oleo #3
2.Untitled Original B

Personnel:
Sonny Rollins:ts
Don Cherry:cor
Bob Cranshaw;b
Billy Higgins;ds

Live at the Village Gate, New York, July 29, 1962 1st set

関連記事

コメント

非公開コメント