Sonny Rollins 「Complete Live At The Village Gate 1962:7/28 1st set」(1962)

 ドン・チェリーとの共演の6枚組BOX。次はライブ2日目、1stセットのようす。

 62年7月28日は、1stと2ndセットの音源が残ってる。1stセットは変則的な収録で、CD1の4-5曲めと、CD2の1とCD3の3曲目。えらく飛ぶな。収録時間の関係か。
 CD2の2-3曲目が2ndセットの音源。2曲だけだが、演奏時間は54分弱。十分な長さだ。

 1stセットの1曲目は初日に比べ、ちょっと覇気がある。どうにもちぐはぐなソロ回しだが、音は幾分こなれてきた。なおこのCD1の4-5曲目も"Our Man in Jazz"で発売当時にLP化された。
 4曲目はLPの編集バージョン。CD3-3曲目が「無編集テイク」とブックレットに記載あり。同じテイクの別編集盤を収録ってこと?編集版が8分、無編集が18分とだいぶ時間に差がある。たしかに編集版のほうが引き締まってる。これはもう少し、双方を聴きこんでみたい。

 CD1-5は、初日にも演奏した"Doxy"。少しばかり調子はずれなテンションも織り込みながら、やはり演奏に華もしくは気が入ってる。リズムの軽快さと別次元で、チェリーもロリンズも音色にコシがあり。チェリーは震え気味ながら、初日よりよっぽど溌剌なフレーズ使いだ。ロリンズも音色は荒っぽいけれど、フレージングは長め。元気あり。
 ただし冗長に感じるのは、リズム隊との絡みがわかりにくいせい。淡々とリズムが走るうえで、つかず離れずの距離感でサックスが鳴った。

 そして本セット最後の"Solitude"。エリントンの曲を、青白いフリー寄りのアプローチで料理する。フロアタム連打からシンバルへ。どうにも安定しないドラミングと、断続的にグルーヴするベース。つまりは一筋縄でいかない、遊び心あるリズム隊へ、チェリーとロリンズがおずおずとアドリブをとるアレンジ。
 けれどこのセットは幾分、音に張りがあるため初日ほど間延びしない。まあまあの緊迫感で演奏は聴ける。ロリンズのサックスも、少しばかり太い。
 どこまでも演奏は、放埓だ。なお9分前にいったん明確な終わり方を演奏は見せるが、観客のざわめきこそあれ拍手が飛ばない。音だけ聴いてると、曲終わりっぽいのに。ステージ上では緊張が持続してたのかも。この辺、音だけでわからぬ様子の限界を感じる。

Personnel:
Sonny Rollins:ts
Don Cherry:cor
Bob Cranshaw;b
Billy Higgins;ds

Live at the Village Gate, New York, July 28, 1962 1st set


関連記事

コメント

非公開コメント