Sonny Rollins 「Sonny Rollins, Vol. 2」(1957)

 鉄壁リズム隊と多彩メンツで幅広いハード・バップを仕込んだ。ジャズ入門盤に、ぴったり。


 ジョー・ジャクソンがパロったジャケットがこれ。


 録音は4月14日の一日だけ。しかし曲によっていろいろサイドメンが変わる。リズムはブレイキーとチェンバーズの隙無い賑やかさで、ピアノはホレス・シルバーを基本にモンクが2曲で入れ代わる。J.J.ジョンソンと二管体制でアレンジに隙も無い。本盤もブルーノートらしく、丁寧にプロデュースされた感じがする。

 オリジナルが2曲、モンク参加は彼の作品。さらにカバーを二つ。バランスとれた構成だ。逆にロリンズは素材になってしまい、目立ち度合いでいうと物足りない。
 ようはそうそうたるメンツが丁寧で骨太なジャズを仕込むせいで、ロリンズの危なげない頼もしさが、個性というより支柱みたいになってる。サウンドのかなめながら、あまり前に出ないとでも言おうか。

 本盤を聴いてて、ロリンズの難しさを考えた。ワンホーンで豪放さがロリンズの魅力としたら、むしろサイドメンは控えめでないとテナーが引き立たない。さらに他人に枠へはめられるほどに、ロリンズは丁寧に自らの居場所を作ってしまう。つまりは破綻する無鉄砲さがない。
 (3)でテーマのフレーズをピアノやトロンボーンと分け合う、整ったアレンジなんて最たるもの。続くテナーのアドリブは窮屈な演奏から解放された安堵が滲むかのよう。なんだかじわじわと助走するフレーズ展開だ。
 しかしモンクの曲は(4)も含めて、すごくヒネッたモンクの香りがぷんぷんする。さすがだ。

 素材の荒々しさを素直に引き出す、手をかけすぎない世界。そんなふうが、ロリンズの味わいを最大に楽しめるのかも。そしてそれがわかっているからこそ、ロリンズはワンホーンだったり、無伴奏だったりを選ぶのかもしれない。
 きれいにかっこよくまとまり、破綻なくぶいぶいと吹きまくるロリンズを聴きながら、ふとそんなことを思った。

 どの曲もスピーディに締まってる。ロリンズならではの太いアドリブも堪能できる。そう、悪くないハード・バップだ。けれど例えばサキコロみたいなギラギラするスリルではない。演出された冴えわたりだ。うーむ。

 演奏は抜群。実は僕、本盤を過去にきちんと聴いたことがない。色々とジャズを聴き、自分の価値観がある程度固まったがゆえの感想な気がする。
 本盤を録音したロリンズはまだ26歳。ぼくが若いころに、ジャズをあまり聴かないときに本盤を聴いたら、もっとハマってたと思う。

 その意味で本盤は入門編、かな。レベル高く凝って芳醇なジャズが詰まってる。尖った個性を上手いこと、整ったアンサンブルに封じ込めた。もちろん、内容はばっちりだ。



Track listing:
1."Why Don't I?" (Rollins) - 5:44
2."Wail March" (Rollins) - 6:11
3."Misterioso" (Monk, Denzil Best) - 9:24
4."Reflections" (Monk) - 7:03
5."You Stepped Out of a Dream" (Herb Nacio Brown, Gus Khan) - 6:24
6."Poor Butterfly" (Raymond Hubbell, John Golden) - 6:06

Personnel:April 14, 1957
Sonny Rollins - tenor saxophone
Jay Jay Johnson - trombone (tracks 1-3, 5-6)
Horace Silver - piano (1-3, 5-6)
Thelonious Monk - piano (3, 4)
Paul Chambers - bass
Art Blakey - drums

関連記事

コメント

非公開コメント