Sonny Rollins 「Tour de Force」(1956)

 プレスティッジで最終セッション。契約の消化試合っぽい。タイトルこそ"力作"だが。


 とはいえ演奏は悪くない。とっ散らかってるだけ。
 メンバーは気心知れたリズム隊。ケニー・ドリューの起用は1stリーダー作のセッション群ぶり。マイルスつながりか。(1)、(2)、(4)がロリンズのオリジナル。
 演奏は悪くないが、今一つつかみどころ無いコンセプトのアルバムだ。ワンホーンでお気に入りの曲を、さくっと録音した感じ。多作だった56年末、12月7日だけで収録は終わらせた。
 そしてこの約一週間後の12月16日、ブルーノート移籍一作目"Sonny Rollins, Vol. 1"となるレコーディングを行うことになる。

 本盤にはボーカリストが2曲で参加。これがまあ、新味と言えるか。この後、特に歌伴路線をロリンズが追求したわけでもなく、気まぐれかもしれない。
 歌うEarl Colemanは当時31歳。ロリンズと同世代だ。元はビリー・エクスタインのオケなどで歌い、48年ごろにカリフォルニアでパーカーやマックス・ローチと演奏ってwikiにあり。その絡みで本盤へつながるのかも。

 内容は手抜きじゃない。ロリンズは本盤でいろんなアプローチを試してる。(1)でがっつりモダンに吹いたかと思えば、(2)ではコルトレーンばりの音数多い吹きまくり。ずるずるとスラー連発に閉口しそうなとこで、するりとタンギングや譜割でメリハリつける構成力が、さすがのロリンズだ。手癖にとどまらない。荒っぽいけどね。

 しかし高速疾走のあとLPでは一転、(3)でブルージーにしっとり来られると、さすがに落差が凄い。思い切りオンマイクの低音でアール・コールマンが渋くねっとり歌い、背後で静かにテナーが鳴る。悪くない音像だがロリンズである必然性は?とも感じた。
 ロリンズは特に尖鋭性や前衛を気取らず、クラブだと本曲みたいに肩の力抜いた演奏もしてたのかも。もっとも伴奏でサブトーンまとった、胸震わせるロマンティックなフレージングはさすがの貫禄だ。

 (4)は再び猛スピードのフレージング。目まぐるしくせわしなく、ジャズが跳ねた。ローチのロールを多用する勇ましいプレイが、なおさらグルーヴを煽る。これをA面に入れないのか。確かに片面へ入れるには、長すぎるけれど。

 しっとりサブトーンの(5)は、ロマンティックなボーカルが再び。特にB面で本盤はロリンズの幅広さを封じ込めた。ちょっと極端なほどに。CDではもう一曲、ボートラで(6)が加わる。これはアップテンポのセッション。ロリンズは力任せに吹き倒す。ドラム・ソロも結構長い。もとは本盤に続く"Sonny Boy"(1956)に収録のテイクだ。やはり新天地ブルーノートに向けて、気もそぞろな慌ただしさも感じるなあ。



Track listing:
1.Ee-Ah 6:52
2.B. Quick 9:13
3.Two Different Worlds 7:37
4.B. Swift 5:15
5.My Ideal 4:21
6.Sonny Boy 8:22


Personnel: December 7, 1956
Sonny Rollins - tenor saxophone
Kenny Drew - piano
George Morrow - bass
Max Roach - drums
Earl Coleman - vocals (tracks 3 & 5)



関連記事

コメント

非公開コメント