板谷博 Guilty Physic 「VAL」(1995)

 鷹揚なグルーヴと、とぼけた凄みの詰まった美しいジャズ。


 板谷博の存在は、他界後に知った。一度くらい、生演奏を聴いてみたかったな。
 本盤は95年の発売。96年に逝去したため、最後のリーダー作となった。Guilty Physic名義では"Shake You Up"(1991)に次ぐ2ndにあたる。

 板谷博は生活向上委員会大管弦楽団あたりから、活動を始めたらしい。梅津和時や片山広明と、RCのバックも担当したことあり。
 音盤としては渋谷毅オケや明田川荘之の盤、藤川義明のイースタシア・オケや渋さ知らズなど、いくつも残ってる。翠川敬基の緑化計画へも参加。ライナーにはMulti-Phonic,SMCオーケストラなどのバンド名も記載あり。小山彰太とはデビューの頃から付き合いあるようだ。
 たぶん他にもいろんなセッションに参加してたはず。今一つ、ネットで当時の活動状況がわからない。

 いくつか残された音源を聴く限り、豪放さとロマンティックさの双方を兼ね備えたトロンボーンに聴こえる。テクニカルに決めるより、メロディやグルーヴをふっくらとまとめる感じ。

 本盤を前に聴いたときはアップテンポの鋭さと、コミカルな性急さが印象深かった。けれど今回聴き返して、滑らかなロマンティシズムに胸を締め付けられた。特にいわゆるB面。素晴らしい。
 モンクの(1)、コルトレーンの(6)。そしてスタンダードの(9)。あとはすべて、板谷のオリジナル。
 
 Guilty Physicの編成はフロント2管の6人編成。ギター二人ってのが特異的だ。フロントの相棒は多才で前衛とセンチメンタルさを併せ持つ名手、松風鉱一を迎えた。たぶん同世代のメンバーだろう。

 力強く明るいトロンボーンのブロウで幕を開ける(1)。ひねったメロディをそのままに、ごっつく演奏が始まる。ギターは二人ともブライトな音色のエレキギター。板谷はそのままバッキングに回り、テーマはサックスに譲った。
 ぶわりと広がるトロンボーンのフレーズは、粘っこく転がる。

 (2)もアップテンポ。バンド全員が同じ譜割で畳みかけた。ブレイクのあとドラムのせわしない煽りと、負けじと疾走するフロントの前のめりさに、きゅいきゅいと空気が軋む。本盤のイメージはこの勇ましいムードとして、ぼくの頭にこびりついてた。

 今回グッと来たのは(5)であり(9)なのだが。そこへ行く前、順番に語ろう。
 なぜって(3)がその前哨となる美しさを滴らせたから。
 イントロのギター・リフが石渡で、カウンターのフレーズが三好だろうか。ほんのりボサノヴァ風にしゃくりあげ、トロンボーンが流麗なメロディを紡いだ。うっすらとエコーのかかった音像が美しい。フレーズの切れ目で、軽やかに鳴るハイハットも良いな。すかさずフルートが滑り込む。
 エンディングはコーダでなく、フェイド・アウトでそっと消えた。

 パンチあるイントロの(4)も、ロマンティックさは消えない。ギター2本が痙攣気味にフレーズを遊ばせ、フルートも加わり混沌を描く。そこへむっくりと空気を押し広げるトロンボーン。いいなあ。
 フリージャズ的な展開だが、激しさへ安易に寄りかからず。スピーディだが寛ぎを保ち続けた。

 そして(5)。トロンボーンとエレキギターの絡みが、めちゃくちゃに心地よい。鍵盤奏者を入れず、幅広い音域の対比より音色の違いで厚みを出すアレンジだ。
 リズム無しで、トロンボーンを支えるギターは三好か。独特のサスティンを効かせたエレキギターがおもむろに加わる。あとからが石渡だと思う。
 芯の太いトロンボーンから、独特の軋みを持ったサックスへアドリブがつながった。

 アレンジの突飛さにやられた(6)。ハードロック的に、バラードを再解釈した。ディストーション効いた1本と、しゃくしゃく刻むもう一本のエレキギター。せわしない刻みとうねるベースを芯に置き、フロント二管が緩やかにテーマを吹いた。
 旋律のテンポはバラード。けれどリズム・アレンジが性急さを演出する。この多層的なアイディアが抜群だ。切ないアップテンポ。矛盾する雰囲気が、ごく自然に体現された。
 このアレンジも抜群だ。ライブで聴いたら凄かったろうな。
 
 後半戦はこのように、テンポアップしてもセンチメンタリズムを残す。もろにハードバップ風な音使いの(7)も、ブルージーな転がりをじっくり示した。テーマの最後で、てんでにはじけるような和音使いが楽しい。
 ライド・シンバルが強く鳴らされ、空気をしっかり引き締める。ピアノでなく二本のエレキギターが、ブライトに空気を整えた。なるほど、この必然性でのギター二本か。
 
 最後はアルバム・タイトルの(8)。バンド・テーマ的な曲かな。ライブでいうと、ステージ最後を賑やかにしめるべく、エッジを立てた。大人しめなミックスだが、ボリューム上げてガツンと中央線ジャズ的に盛り上がれる曲だ。アケタの店で音が充満する幻想を覚えた。

 そしてアルバム最後の曲、(9)。反則だ。さしずめアンコールのように、静かに奏でられた。エレキギターのイントロで導かれるトロンボーンは、朗々と柔らかく、どこまでも優しい。
 硬質なシンバル・ワークがムードを引き締めた。だがトロンボーンは、鷹揚にロマンティックさを提示する。われ関せず、と。中盤でシンバルがカップを叩くように、ちょっと音程があがる。
 トロンボーンはテーマをわずかにフェイクさせながら、しみじみとメロディを紡いだ。
 なんて、美しいんだ。

[収録曲]
1. Bemsha Swing
2. Flashing-Point
3. Petit Waltz
4. All Is Quiet
5. New Ballad
6. Naima
7. Golsonia
8. Val
9. Over The Rainbow

Personnl;
板谷博 - Trombone 
松風鉱一 - Alto Sax,Tenor Sax,Bass Clarinet,Flute
石渡明廣 - Guitars
三好功郎 - Guitars
八尋洋一 - Bass
小山彰太 - Drums

SMC(Super Music Composers) Orchestra
1975年7月16日新宿・朝日生命ホール、ファーストコンサートでのライブ


コルトレーンのネイマ。板谷博のアレンジだそう。4tbでの1980年のライブ。
向井滋春(tb)、塩村修(tb)、板谷博(tb)、佐藤晴樹(tb)

関連記事

コメント

非公開コメント