アナログ復権?

投票終わり。結果はいかに。俺の選挙区は20時の段階で当確出るから、対して面白くない。
ということで別の話題。ベックの"Morning Phase"聴きながら、本盤の情報検索してたら面白い記事に行き当たった。

アメリカの2014年LPレコ売り上げ記事があった。
ここにきてLP売り上げが急増してるという。一位がジャック・ホワイトで7万5千枚。5位にベックの"Morning Phase"が入ってた。2万5千枚。少ないが、多い。いちおう80年代にLPを聴いた世代としてはこの枚数レベルだと寂しい。売り上げを語るなら、二桁足りない。

で、日本はどうだ。日本レコード協会の統計データが興味深い。LPの売り上げは?
10月現在で13万7千枚。前年比152%。伸びてるな。母数が低いけど。

どうせ所有ならLP、とかプレミア・グッズにLP、とか。DLコードついてるし飾るならLP、とか。いろんな意味でLPに価値観見出す人がいるのかもしれない。

マスターがデジタルならLPにしても、面白くもなんともないと思うのだが。
アナログ・テープにレベルぶっこんで歪ませろ。

おまけ。世界のLP売り上げ回復をまとめた日本語記事があった。
関連記事

コメント

非公開コメント