目次2

CD感想の目次ページを作った。

Abdullah Ibrahim関連 「目次はこちら」 
Abdulai Bangoura 「Sigiri」(1999)
Acid mothers関連 「目次はこちら
Alfa Mist 「Antiphon」(2017)
Al Green 「I get joy」 (1989)
Albert Ayler 「New Grass」(1969)
Alegre All Stars 「Alegre All Stars」(1961)
Alex Isley 「Luxury」(2015)
Altered States 「4」(1995)
Anderson .Paak 「Malibu」(2016)
Andrew Hill 「Invitation」(1974)
Ant Banks 「THE BIG BAD ASS」(1994)
Apollonia 6 「Apollonia 6」(1984)
Arnett Cobb & Eddie Lockjaw Davis 「Blow Arnett Blow」(1959)
Arrow 「Knock Dem Dead」(1987)
Art Blakey 「A Night at Birdland」(1954)
Art Blakey & the Jazz Messengers 「Au Théâtre Des Champs-Elysées」(1959)
Art Blakey & the Jazz Messengers 「Ugetsu」(1963)
Art Blakey & The Jazz Messengers 「'S Make It」(1965)
Art Blakey & The Jazz Messengers 「Backgammon」(1976)
Art Blakey & the Jazz Messengers 「Live at Sweet Basil」 (1985)
Art Blakey & The Jazz Messengers 「Standards」(1989)
Art Farmer, Donald Byrd and Idrees Sulieman  「Three Trumpets」 (1957)
Asmus Tietchens 「ε-Menge」(2005)
Attila 「Attila」(1970)
Auto & Cherokee 「Naked Music」(1992)
Avishai Cohen 「Into The Silence」(2016)
Axel Dörner/中村としまる 「Vorhernach」(2007)

Bachir Attar 「The Next Dream」(1992)
Bandits 「The Electric 12 String」(1965)
Banks & Steelz 「Anything But Words」(2016)
Barney Kessel 「On Fire」(1965)
Barney Kessel 「Hair Is Beautiful」(1969)
Barry Harris 「Preminado」(1961)
Bessler-Reis Quartet 「Villa-Lobos:String Quartet No. 1-3」(1997)
Bill Evans 「Sunday At The Village Vanguard」(1961)
Bill Frisell 「Blues Dream」(2001)
Bill Frisell 「The Willies」(2002)
Billy Joel 「Cold Spring Harbor」(1971)
Billy Joel 「The Bridge」(1986)
Billy Ocean 「Time To Move On」(1993)
biscuit 「Sock-O」 (1995)
B.J. Thomas  「Billy Joe Thomas」(1972)
Black Ivory 「Then And Now」(1984)
Blue Magic 「Blue Magic」(1974)
Bobby Timmons 「This Here Is Bobby Timmons」(1960)
Bob Dylan 「Street Regal」(1978)
Bob Dylan 「Down in the Groove」(1988)
Bob Dylan 「Oh Mercy」(1989)
Bob Dylan 「Modern Times」(2006)
Body Count 「Body Count」(1992)
Boo Hewerdine 「Thanksgiving 」 (1999)
Brecker Brothers 「Heavy Metal Be-Bop」(1978)
Bria Valente 「Elixer」(2009)
Brian Wilson And Van Dyke Parks 「Orange Crate Art」(1995)
BROSTARR 「Right place right time」(2008)
Bruckner 「Symphony No. 9:Solti/Chicago Symphony Orchestra」(1986)
Bulkhead 「Gas Giants」 (1994)

Cal Tjader 「Latin Kick」(1956)
Captain Howdy 「Money Feeds My Music Machine」(1998)
Carmen Electra 「Carmen Electra」(1992)
C.C.C.C. 「Phantasmagoria」(1991)
Chicago 「Chicago 16」(1982)
Chosen Gospel Singers  「The Complete Specialty Sessions」 (1991)
Circular Firing Squad 「Oxide」(1997)
Colin James Hay 「Looking For Jack」(1987)
Colin Hay 「Wayfaring Sons」(1990)
Colin Hay 「Peaks And Valleys」(1992)
Colin Hay 「Topanga」(1994)
Colin Hay 「Transcendental Highway」(1998)
Colin Hay 「Going Somewhere」(2000)
Colin Hay 「Company of Strangers」(2002)
Colin Hay 「Man @ Work」(2003)
Colin Hay 「Are You Lookin' At Me?」(2007)
Colin Hay 「American Sunshine」(2009)
Colin Hay 「Fierce Mercy」(2017)
Company 「Company 1」(1976)
Company 「Company 91 Volume 3」(1994)
Count Basic 「Life think it over」 (1994)
Courtney Pine 「To the Eyes of Creation」(1999)
Crimson Jazz Trio 「King Crimson Songbook, Volume One」(2005)
Chris Anderson 「Inverted Image」(1961)
Christy Moore  「Voyage」(1989)
Christy Moore  「The Box Set 1964-2004」(2004)
Cult Junk Cafe 「Cult Junk Cafe」(1995)
Curtis Mayfield 「Curtis」(1970)
Curtis Mayfield 「Roots」(1971)
Curtis Mayfield 「Back to the World」(1973)
Curtis Mayfield 「Sweet Exorcist」(1974)
Curtis Mayfield 「Short Eyes」(1977)
Curtis Mayfield 「Do It All Night」(1978)
Curtis Mayfield 「Heartbeat」(1979)
Curtis Mayfield 「Love Is the Place」(1982)
Curtis Mayfield 「Honesty」(1983)
Cusco 「Planet Voyage」(1982)
Cut Chemist 「The Audience's Listening」(2006)

DABO 「HITMAN」(2002)
Daevid Allen & Kramer 「Who's Afraid」(1992)
Daevid Allen & Kramer 「Hit Men」(1995)
D'Angelo & The Vanguard 「Black Messiah」(2014)
Date Course Pentagon Royal Garden 「Report from Iron Mountain/アイアンマウンテン報告」(2001)
Date Course Pentagon Royal Garden 「DCPRG3 / GRPCD1」(2002)
Date Course Pentagon Royal Garden 「MUSICAL FROM CHAOS」(2003)
Date Course Pentagon Royal Garden 「Structure Et Force(構造と力)」(2003)
David Sylvian & Holger Czukay 「Flux + Mutability」(1989)
David Sylvian & Robert Fripp 「The First Day」(1993)
Dawn Tyler Watson & Paul Deslauriers 「...en duo」(2007)
DEEP3 「BLUEPRINT 2 LOVE」(2010)
Derek Bailey, George Lewis and John Zorn 「Yankees」(1983)
Derek Bailey & Han Bennink 「Han」(1988)
Diana Ross  「The Boss」 (1979)
Dicky Doo & The Don'ts 「Teen Scene」(1960)
Diggs Duke 「Civil Circus」(2015)
Dinosaur Jr. 「Green Mind」(1991)
Dinosaur Jr. 「Beyond」(2007)
Dinosaur Jr. 「Farm」(2009)
Dionne Warwick 「目次はこちら
Dizzy Gillespie, Sonny Rollins and Sonny Stitt 「Sonny Side Up」(1957)
Don Friedman 「Circle Waltz」(1962)
Don Wilkerson 「Preach Brother!」(1962)
Dorothy Ashby 「Hip Harp」(1958)
Dr. Dre 「2001」(1999)
Dr. John 「Dr. John Plays Mac Rebennack」(1981)
Dr. Octagon 「Dr. Octagonecologyst」(1996)
Dyke And The Blazers 「So Sharp!」(1991)

Eddi Reader with The Patron Saints Of Imperfection 「Mirmama」(1991)
Edge 「Quartet Edge」(2015)
Egberto Gismonti Group 「Infância」(1991)
Edward Simon 「Latin American Songbook」(2016)
Elf Power 「When the Red King Comes」(1997)
Electric Light Orchestra 「Out Of The Blue」(1977)
Elliott Sharp 「Dyner's Club」(1993)
Elliott Sharp 「The Velocity Of Hue」(2003)
Elton John 「Goodbye Yellow Brick Road」(1973)
Elvis Costello and the Attractions 「Get Happy!!」(1980)
Elvis Costello 「Mighty Like a Rose」(1991)
Elvis Costello 「North」(2003)
Elvis Costello 「The Delivery Man」(2004)
Elvis Costello & Allen Toussaint 「The River In Reverse」(2006)
Elvis Costello 「Momofuku」(2008)
Elvis Costello 「Secret, Profane & Sugarcane」(2009)
Eric Leeds 「Times Squared」(1991)
Evan Parker / Derek Bailey / Han Bennink  「The Topography Of The Lungs」(1970)
Evan Parker / Barry Guy  「Incision」(1981)
Evans Bradshaw 「Look Out For Evans Bradshaw!」(1958)
Everyday People  「You Wash... I'll Dry 」 (1990)

Fedayien 「ファースト」(1990)
Fedayien 「FedayienⅡ」(1992)
Fedayien 「Fedayien III」(1992)
Fedayien 「Fedayien IV」(1997)
Fedayien 「Live」(1997)
Fedayien 「フェダイン! 」(2000)
The Federation 「It's Whateva」(2007)
The 50 Guitars Of Tommy Garrett 「The Sound Of Love」(1969)
Four Freshmen 「Four Freshmen and 5 Trombones」(1955)
Frank Zappa (The Mothers of Invention)  「Absolutely Free 」 (1967)
Frank Zappa 「You are what you is」(1981)
Frank Zappa 「Francesco Zappa」(1984)
Frank Zappa 「Dance me this」(1993/2015)
Frank Zappa 「For President」(2016)
Frank Zappa 「The Crux Of The Biscuit」(2016)
Frank Zappa 「Little Dots」(2016)
Frankie Valli & The Four Seasons 「Two Classic Albums Plus The Four Lovers And Rare Singles」(2013)
Freddie Hubbard  「Open Sesame」 (1960)
Freddie Redd  「Shades Of Redd 」 (1960)
Funkadelic 「Uncle Jam Wants You」(1979)
Funky Poets 「True To Life」(1993)

Galaxie 500 「Today」(1988)
Gallant 「Ology」(2016)
Gary Peacock 「Eastward」(1970)
Gary Peacock 「Voices」(1971)
Gary Taylor 「Square One」(1993)
Gene Carl 「Gray Matter」(1993)
Genesis 「Invisible Touch」(1986)
Genesis 「We Can't Dance」(1991)
George Clinton 「The Cinderella Theory」(1989)
George Clinton & The P-Funk All Stars 「T.A.P.O.A.F.O.M. 」 (1996)
George Clinton 「George Clinton and His Gangsters of Love」(2008)
George Harrison 「Electronic Sound」(1969)
Ghazal 「Lost Songs of the Silk Road」(1997)
Gilgongo 「第一種接近遭遇」(2015)
G. Love & Special Sauce 「G. Love & Special Sauce」(1994)
G. Love & Special Sauce 「Coast to Coast Motel」(1995)
G. Love & Special Sauce 「Yeah, It's That Easy」(1997)
G. Love & Special Sauce 「Philadelphonic」(1999)
Godspeed You! Black Emperor 「Slow Riot for New Zero Kanada」(1999)
GP Wu 「Don't Go Against the Grain」(1998)
Guesss 「Guesss」(1994)

Hair Stylistics 「Monthly Hair Stylistics Vol.1 - Pop Bottakuri」(2008)
Hair Stylistics 「The Lost Hat」(2016)
Hair Stylistics 「Legend Style of Rock」(2017)
hakobune 「love knows where」(2015)
Hank Mobley 「目次はこちら
Haunted House 「Up In Flames」(1999)
Hawkwind 「In Search Of Space」(1971)
Hawkwind 「Doremi Fasol Latido」(1972)
Hermeto Pascoal 「Cérebro Magnético」(1980)
Hezekiah Walker & The Love Fellowship Choir 「Live In Toronto 」 (1993)
Henry Kaiser 「Ice Death」(1977)
High llamas 「Gideon Gaye」 (1994)
High llamas 「Can Cladders」(2007)
HIS 「日本の人」(1991)

Ice-T 「Home Invasion」(1993)
Impressions 「It's about time」(1976)
Incapacitants 「Repo」(1989)
Incapacitants 「Feedback Of N.M.S.」(1991)
Incapacitants 「Fabrication」(1992)
Incapacitants 「Quietus」(1993)
Incapacitants 「No Progress」(1994)
Incapacitants 「D.D.D.D.」(1995)
Incorporated Thang Band 「Lifestyles of the Roach and Famous」(1988)
Ingrid Chavez 「May 19, 1992」(1991)
Isley Brothers 「Eternal」(2001)
Itellu 「Planets」(2015)

Jack Johnson 「On And On」(2003)
Jad Fair and Kramer  「Roll Out the Barrel」(1988)
James Brown  「Cold Sweat」(1967)
James Brown  「Slaughter's Big Rip-Off 」 (1973)
James Brown  「Nonstop!」(1981)
Jamie Saft  「The New Standard」(2014)
Jarrett Cherner 「Expanding Heart」(2016)
Jason Willett And Ruins 「Jason Willett And Ruins」(1994)
JAZZ DOMMUNISTERS 「Cupid & Bataille, Dirty Microphone」(2017)
Jeff Pittson 「Go Where It's Dangerous」(1999)
Jeremy Hababou 「Run Away」(2016)
Jevetta Steele 「Here it is」(1991/1993)
Jill Jones  「Jill Jones」(1987)
Jim McNeely  「The Plot Thickens」(1979)
Jimmy Smith 「Plays Pretty Just For You」(1957)
Joe Jackson  「Night And Day II」 (2000)
Joey Baron  「Tongue In Groove」 (1992)
Joey Baron + Barondown 「Crackshot」(1995)
John Coltrane 「Coltrane Jazz」(1961)
John Coltrane  「Africa/Brass」(1961)
John Coltrane 「Ballads」(1963/2002)
John Coltrane 「Kulu Sé Mama」(1965)
John Esposito Trio  「Down Blue Marlin Road」 (2006)
John McLaughlin 「Devotion」(1970)
John Patton 「Blue Planet Man」(1993)
John Zorn 「Sonny Clark Memorial Quartet:Voodoo」(1985)
John Zorn 「Spy vs Spy」(1989)
John Zorn/Fred Frith 「The Art Of Memory」(1994)
JOJO広重 「このまま死んでしまいたい」(2003)
Junior Mance 「The Soulful Piano of Junior Mance」(1960)
Junior Walker & the All Stars 「Shotgun」(1965)
Judith Hill 「Back In Time」(2015)
June Tabor 「Rosa Mundi」 (2003)
Jurassic 5  「Quality Control」 (2000)

Kate Bush 「The Kick Inside」(1978)
Keith Rowe/中村としまる/Thomas Lehn/Marcus Schmickler 「ErstLive 002」(2004)
Kenny Dorham 「Afro-Cuban」(1955)
Kenny Dorham 「Una Mas」(1964)
Kenny Drew 「Kenny Drew Trio」(1956)
Keziah Jones 「Blufunk Is A Fact !」(1992)
KK NULL 「0.0004」(1999)
Killarmy  「Silent Weapons for Quiet Wars」 (1997)
KILLER-BONG 「Togashi Dub Muder Scene」(2008)
King 「We Are King」(2016)
Kings Singers 「Good Vibrations 」 (1993)
Kirk Knuffke 「Arms & Hands」(2015)
K'naan 「Troubadour」(2009)
Koboku Senju 「Selektiv Hogst 択伐」(2010)
KoЯn 「KoЯn」(1994)
Kramer 「The Guilt Trip」(1992)
Kramer 「The Secret of Comedy」(1994)
Kramer/Carney/Hild  「Black Power」(1994)
Kramer 「Still Alive in '95 (Live in Japan)」(1995)
Kramer and Daved Hild 「Rubber Hair」(1996)
Kramer 「Songs from the Pink Death」(1998)

Labelle 「Nightbirds」(1974)
Laila France 「Orgonon」(1997)
Larry Young 「Testifying」(1960)
Larry Young 「Young Blues」(1960)
Licorice Roots 「Melodeon」(1997)
Linda Draper 「Ricochet」(2001)
Little Walter 「The Best Of Little Walter」(1957)
L.J. Reynolds 「Love Is About To Start」(1999)
Louis Jordan 「ルイ・ジョーダン 1939-1954」(1996)
Loïs Lane 「Precious」(1992)
Lou Donaldson  「Light-Foot」 (1959)
Lou Rawls 「All Things In Time」(1976)
Lou Reed 「Metal Machine Music」 (1975)
Lou Reed 「Set the Twilight Reeling」(1996)
Lou Reed 「The Raven」(2003)
Lounge Lizards 「Lounge Lizards」 (1981)
LOVE,PEACE&TRANCE 「LOVE,PEACE&TRANCE」(1995)

Maddy Prior  「Woman In The Wings 」 (1978)
Madhouse 「8」 (1987)
Mahavishnu Orchestra 「Birds of Fire/火の鳥」 (1973)
Manhattans 「After Midnight 」 (1980)
Masada 「Alef:One」(1994)
Marc Ribot 「Shrek」(1994)
Marcus Klossek Electric Trio 「Swirlin' Times」(2015)
Marginal Consort 「Collective Improvisation」(1997)
Marike Van Dijk 「The Stereography Project」(2015)
Marsen Jules 「Goleden」(2007)
Martika 「Martika's Kitchen」(1991)
Martin Newell「The Greatest Living Englishman」(1993)
Manuel Göttsching 「Inventions for Electric Guitar」(1975)
Massive Attack 「Blue Lines」(1991)
Mavis Staples 「Time Waits For No One」(1989)
Mayte 「Child Of The Sun」(1995)
Mazarati 「Mazarati」(1986)
Maze Featuring Frankie Beverly 「Maze Featuring Frankie Beverly」(1977)
Maze Featuring Frankie Beverly 「Golden Time of Day」(1978)
Maze Featuring Frankie Beverly 「Inspiration」(1979)
Mazzy Star 「Among My Swan」(1996)
Medeski Martin & Wood 「Shack-man」(1996)
Me'shell Ndegeocello 「Plantation Lullabies」(1993)
Me'shell Ndegeocello 「Peace Beyond Passion」(1996)
Me'shell Ndegeocello 「Bitter」(1999)
Miami Horror 「All Possible Futures」(2015)
Michel Beroff 「Messiaen- Vingt Regards Sur L'Enfant Jésus / Préludes」(1982)
Mike James Kirkland 「Doin' It Right」(1973)
Mike Rutherford 「Smallcreep's Day」(1980)
Miles Davis 「The Musings Of Miles」(1955)
Miles Davis 「Milestones」(1958)
Miles Davis 「Live in Zurich 1960」(1960)
Miles Davis 「E.S.P.」(1965)
Mind & Matter 「1514 Oliver Avenue (Basement)」(2013)
Mint Condition 「Definition of a Band」(1996)
Momus   「Circus Maximus」(1986)
Momus   「The Poison Boyfriend」(1987)
Momus   「Hippopotamomus」(1991)
Momus   「The Philosophy Of Momus 」 (1995)
Momus   「20 Vodka Jellies」(1996)
Momus   「Ping Pong」(1997)
Momus   「Stars Forever」(1999)
Momus   「Folktronic」(2001)
Momus   「Oskar Tennis Champion」(2003)
Momus/Joe Howe 「Joemus」(2008)
Momus & Anne Laplantine  「Summerisle」(2008)
Momus   「Pubic Intellectual: An Anthology, 1986-2016」(2016)
Musica Transonic With 灰野敬二 「Incubation」(1998)
Myrakaru 「Tammetoru」(2004)

Nara Leão 「Dez Anos Depois」(1971)
Neil Young 「Are You Passionate?」(2002)
New Power Generation 「Exodus」(1995)
New Power Generation 「Newpower Soul」(1998)
Nation Funktasia 「In Search Of The Last Trump Of Funk 」 (1991)
no.9 「http://9-9-9-9-9.com」(2009)
N.W.A 「Straight Outta Compton」(1988)

Ocho 「Numero Tres」(1974)
of Montreal 「Cherry Peel」(1997)
Ol' Dirty Bastard 「Return To The 36 Chambers 」 (1995)
Oliver Lake 「Impala」(1987)
Olivia Tremor Control 「Black Foliage - Animation Music Volume One」(1999)
ONRA 「Chinoiseries Pt..3」(2017)
Optical*8 「Optical*8」(1992)
origami republika 「free 10 year album」(2002)
Ornette Coleman 「Of Human Feelings」(1982)
Oscar Peterson 「Plays the Cole Porter Songbook」(1959)
Oscar Peterson 「Plays The Richard Rodgers Songbooks (Bonus Track Version」(1959)
Oskar Aichinger 「Poemia」(1997)
Oswin Chin Behilia 「Bedishon Disrfasa」(2002)
Ovarian Trolly 「Crocodile Tears」(1993)

Paradox 「Drifting Feather」 (1971)
Paul Chambers 「Chambers' Music: A Jazz Delegation From The East 」 (1956)
Paul Chambers 「Whims of Chambers」(1956)
Paul Chambers 「Paul Chambers Quintet」(1957)
Paul Chambers 「Bass on Top 」 (1957)
Paul Chambers 「Go」 (1959)
Paul Chambers 「1st Bassman」(1961)
Paul M 「Up 'N High」(2006)
PERE FURU 「PERE FURU」 (2001)
Peril 「Peril」(1992)
Persuaders 「Thin Line Between Love And Hate」 (1972)
Pete Namlook 「Air II」(1994)
Pete Namlook/Klaus Sculze 「Dark Side of the Moog V」 (1996)
Pete Namlook / Richie Hawtin 「From Within III」(1997)
Pete Namlook / DJ Dag 「Adlernebel」(2000)
Pete Namlook / Wolfram Spyra 「Virtual Vices IV」(2003)
Peter Brotzmann 「Machine Gun」(1968)
P-Funk All-Stars  「Urban Dancefloor Guerillas」(1983)
Phil Collins  「No Jacket Required」(1985)
Pink Floyd 「Animals」(1977)
Pizzicato Five  「Bossa Nova 2001」 (1993)
Plas Johnson 「The Blues」(1976)
Plate Fork Knife Spoon 「Plate Fork Knife Spoon」(2004)
Ponta Box 「NYPB」(2001)
Prince 「目次はこちら
Professor Longhair 「Mardi Gras in Baton Rouge」(1991)
ProjeKct Four 「West Coast Live」(1997)

Quipu 「GLACE」(2001)
rabbitoo 「national anthem of unknown country」(2014)
Raekwon 「Only Built 4 Cuban Linx 2」(2009)
Randy Weston 「Get Happy With The Randy Weston Trio」(1956)
Ray Bryant 「Ray Bryant trio」(1957)
RCサクセション 「Baby a Go Go」(1990)
Red Garland 「A Garland of Red」(1957)
Red Garland 「Red alone」(1960)
Red Garland 「Soul Junction」(1960)
Red Garland 「The Red Garland Trio - Moodsville Vol.6」(1960)
Red Garland 「The Nearness Of You」(1962)
Rick Wakeman 「The Six Wives of Henry VIII」(1973)
Rinbjö 「戒厳令」(2014)
Roger Nichols And The Small Circle of Friends 「Full Circle」(2007)
Rolling Stones 「The Rolling Stones」(1964)
Rolling Stones 「December's Children (And Everybody's)」(1965)
The Rolling Stones 「A Bigger Bang」(2005)
Ronald Shannon Jackson 「Red Warrior」(1990)
Roosevelt Wardell 「The Revelation」(1960)
Rosie Gaines 「Caring」(1985)
Rotator Cuff 「Rotator Cuff」(1995)
Roy Haynes 「We Three」(1959)
ROVO 「Phase」(2012)
Rumple-Stilts-Skin 「Rumple-Stilts-Skin」(1981)
Ruins 「Infect」(1988/1993)
Ruins 「Vrresto」(1998)
Ruins Alone 「Ruins Alone」(2011)

sasaki mika 「Return of Sasakisan」(2006)
SaxRuins 「Blimmguass」 (2014)
Sheila E. 「In The Glamorous Life」(1984)
Sheila E. 「In Romance 1600」(1985)
Shirley Scott 「Shirley Scott & The Soul Saxes」(1969)
SKETCH SHOW 「LOOPHOLE」(2003)
Slave 「Slave」(1977)
Slipknot 「All Hope Is Gone」(2008)
Smokey Robinson 「Quiet Storm」(1975)
Softones 「The Softones」 (1973)
Sonny Rollins 「目次はこちら
Sonny Sharrock 「Seize the Rainbow」(1987)
S.O.S. Band 「Sands of time」(1986)
Søren Bebe 「Home」(2016)
Space Machine 「Orbit Vector Generator」(2003)
Spookie 「Spookie」(1988)
Steeleye Span 「Hark! the village wait」(1970)
Steeleye Span 「Please to See the King」(1971)
Steeleye Span 「Ten Man Mop, or Mr. Reservoir Butler Rides Again」(1971)
Steve Beresford, David Toop, John Zorn, Tonie Marshall 「Deadly Weapons」(1986)
Steve Beresford 「Signals for Tea」(1994)
Sting  「Mercury Falling」 (1995)
Sturgill Simpson 「A Sailor's Guide to Earth」(2016)
Stylistics 「Setting the Scene」(1994)
Suffocation 「Pierced from Within」(1995)
Sun Ra And His Arkestra 「Jazz in Silhouette」(1959)
Sun Ra And His Myth Science Arkestra 「Angels and Demons at Play」(1967)
Sun Ra And His Myth Science Arkestra 「Cosmic Tones For Mental Therapy」(1967)
Sun Ra 「Blue Delight」(1989)
The Sons of Champlin 「Loosen Up Naturally」(1969)
Super 5 Thor 「Gazelle」(1997)
Swing slow 「Swing slow」(1996)

Talking Heads 「Remain in Light 」 (1980)
Terry Riley 「A Rainbow in Curved Air」(1969)
Thelonious Monk 「Thelonious Monk Trio」(1954)
Thelonious Monk 「Plays Duke Ellington」(1956)
Thelonious Monk 「The Unique」(1956)
Thelonious Monk 「5 By Monk By 5」(1959)
III FRUM THA SOUL 「What Cha Missin'」(1993)
Time 「The Time」(1981)
Time 「What Time Is It?」(1982)
Time 「Ice Cream Castle」(1984)
Timbuk 3 「Greetings from Timbuk3」(1986)
Tingvall Trio 「Cirklar」(2017)
Toby Lightman 「Bird On A Wire」(2006)
Tony LeMans 「Tony LeMans」(1989)
Tony Warren 「Rhapsody Of Love」(1992)
Touré Kunda  「É'mma Africa」 (1980)
TOY 「ふたりでおちゃを」(1997)
Tower of Power 「Ain't Nothin' Stoppin' Us Now」(1976)
Tower Of Power 「Power」(1987)
Traffic 「Traffic」(1968)

Ulrich Schnauss 「A Strangely Isolated Place」(2004)
Uncle Kracker  「Double Wide」 (2000)
Uriah Heep 「Look at Yourself」(1971)
Uton 「Piano Music」(2013)
Van Dyke Parks 「Song Cycle」(1967)
Van Halen 「5150」(1986)
Van Morrison 「Keep Me Singing」(2016)
Violent Femmes 「Violent Femmes」(1983)
Warehouse 「Endless game of Cat and Mouse」(2002)
Wax Audio 「9 Countries」(2009)
Whatnauts 「Come Into Sweet Bitter Soul...」(1990)
Whiskeytown 「Strangers Almanac」(1997)
Wlliam Bell 「A Little Something Extra」(1992)
Wools  「Wools」  (2015)
The World Heritage 「The Land Of Light」(2016)

Youssou N'Dour 「Egypt」(2004)
Zaiko Langa Langa 「L'Afrique Danse Avec」(1976)
Zombies 「New World」(1991)
Zombies 「Breathe Out, Breathe In」(2011)
Zombies 「Still Got That Hunger」(2015)
ZZ Top 「ZZ Top's First Album」(1971)
ZZ Top 「Tres Hombres」(1973)
ZZ Top 「Eliminator」(1983)
ZZ Top 「Afterburner」(1985)

V.A. 「1-800-New-Funk」(1994) 
V.A. 「Computer Music Currents 5」(1990)
V.A. 「Happy Feet」(2006)
V.A. 「Intonarumori Orchestra」(2004)
V.A. 「Land of the Rising Noise Vol 3」 (1998)
V.A. 「LOST CHICANO OLDIES VOL.2 」 (2006)
V.A. 「Musik in Deutschland 1950-2000 Vol. 27」(2001)
V.A. 「Purple Snow, Forecasting The Minneapolis Sound」(2013)
V.A. 「Sonic Circuits VIII」(2000)
V.A. 「Viva Salsa! - 44 Hot Salsa Tracks」(1991)
V.A. 「24 HOUR KARATE SCHOOL JAPAN」 (2010)

赤天 「赤天」(1995)
赤天 「」(1996)
秋山徹次 + 中村としまる  「Semi-Impressionism」(2009)
飯島真理 「Love Season」(1994)
飯島真理 「Sonic Boom」(1995)
飯島真理 「Uncompromising Innocence」(2005)
泉谷しげる 「Wild Blood」(1993)
板谷博 Guilty Physic 「VAL」(1995)
忌野清志郎 「RAZOR SHARP」(1987)
忌野清志郎 Little Screaming Revue 「Rainbow Cafe」(1998)
梅津和時 「Bamboo Village"竹の村"」(1980)
梅津和時 「Eclecticism-折衷主義-」(1993)
梅津和時 「Pandora's Cocktail」(1999)
太田恵資×加藤崇之×坂本弘道 「ACOUSTIC」(2015)
大谷能生 「Jazz Abstractions」(2012)
大谷能生 「Jazz Alternative」(2017)
大友良英/Carl Stone 「Monogatari: Amino Argot」(1994)
大友良英 & Kenny Millions  「Without Kuryokhin」(1999)
大友良英New Jazz Quintet 「Tails Out」 (2003)
大友良英/Sachiko M/中村としまる 「Good Morning Good Night」(2004)
大友良英New Jazz Orchestra 「ONJO」(2005)
大友良英New Jazz Orchestra 「LIVE Vol. 1 series circuit」(2006)
大貫妙子 「DRAWING」(1992)
岡村靖幸 「家庭教師」(1990)

片山広明 「いそしぎ」 (2009)
勝井祐二、ヒゴヒロシ、大友良英 「Visions Of Japan / Sounds Of Tokyo」(1991)
勝井祐二 「ヴァイオリン・ソロ」(2003)
加藤英介トリオ 「Simply Irresistible」(2003)
加藤崇之/金井英人/馬場たかもち 「」(1991)
ガトス・ミーティング 「ガトス・ミーティング」(2012)
川下直広トリオ 「Napule-tan」(2007)
川下直広トリオ 「猫の時節:The day of the cats」(2011)
河端一 「Osaka Loop Line - Kawabata Makoto Early Works」(1981)
河端一 「Hot Rattlesnakes」(2002)
河端一 「Private Tapes, Volume 7」(2002)
河端一 「Jellyfish Rising」(2005)
河端一 「Inui.4」(2007)
河端一 「Subjection Of Drone」(2008)
菊地成孔 「OST:大停電の夜に~Wait until Dark」(2005)
菊地成孔とペぺ・トルメント・アスカラール 「野生の思考(la pensee sauvage)」(2007)
菊地雅章 「再確認そして発展:Re-confirmation 」 (1970)
菊地雅章 「Poo-sun」(1970)
菊地雅章 「ダンシング・ミスト~菊地雅章イン・コンサート」 (1970)
菊地雅章+富樫雅彦 「Poesy」(1971)
菊地雅章 「オーロラ;Aurora」(1989)
菊地雅章 「ATTACHED」(1989)
菊地雅章/DJ Katsuya 「Solaris」(1996)
キャトルバンド 「猫のおしゃべり」(2013)
グンデルサンシントリオ 「円○満」(2008)
けもの 「LE KEMONO INTOXIQUE」(2013)
神門 「親族」(2017)
越美晴 「Tutu」(1983)
渋谷毅オーケストラ 「LIVE 1989」(1989)
杉本拓 「OPPOSITE」(1998)
鈴木慶一 「リアルサウンド ~風のリグレット」(1997)
聖家族 「Out Takes '66 - '78」(1998)

高木元輝 「2001.07.06」(2002)
高橋悠治 「フーガの[電子]技法(The [Electronic] Art of the Fugue):Bach」(1975)
高中正義 「An Insatiable High」(1977)
橘雅友会/聖グレゴリオの家聖歌隊 「命響」(2000)
立花ハジメ 「逢うは別れのハジメなり」(1985)
田中充 「ミツルジルシ」(2004)
田畑満 「Tabata Live In Europe 2001」(2003)
津上研太 「Kenta Tsugami-BOZO & phonolite 」(2009)
坪口昌恭 PROJECT 「M.T.Man」 (1995)
坪口昌恭 「Abyssinian...Solo Piano」(2010)
東京ザヴィヌルバッハ 「Cool Cluster」(2002)
富樫雅彦 & J.J.Spirits 「Plays Be Bop Vol.1」(1991)
富樫雅彦 & J.J.Spirits 「Plays Be Bop Vol.2」(1991)

中村としまる  「Dance Music」 (2008)
難波弘之 「アミテージ・ザ・サード」(1995)
野村喜和夫/翠川敬基/大友良英 「Ututu/独歩住居跡の方へ」(1996)
灰野敬二 「目次はこちら
林栄一ユニット 「森の人」(2001)
日野皓正/菊地雅章/富樫雅彦  「Triple helix」(1993)
日野元彦 「Double Chant」(1999)
姫神せんせいしょん 「奥の細道」(1981)
藤井郷子 「Gen Himmel」(2013)
藤井郷子Tobira 「Yamiyo Ni Karasu」(2015)
藤井郷子カルテット 「Live at Jazz room Cortez」(2017)
古澤良治郎/大口純一郎 「ライオンのいるふうけい」(2002)
不破大輔 「28」(2001)
細野晴臣 「銀河鉄道の夜」(1985)
細野晴臣 「Naga」(1995)

松風鉱一 「万華鏡」(1997)
繭 「Maju-2 」 (1999)
南博 「Bird in Berlin」(1997)
南博 Go there! 「From me to me」(2010)
ものんくる 「飛ぶものたち、這うものたち、歌うものたち」(2013)

山下達郎  「Reborn」(2017)
山下洋輔  「Clay」(1974)
山下洋輔  「スイングしなけりゃ意味がない」(1980)
山下洋輔  「クレッシェンド」(1988)
山下洋輔  「Ways of time」(1994)
山下洋輔  「Spider」 (1995)
山本精一  「Noa 2」 (2001)
吉田達也/内橋和久 「Hercules' Icy Club」(2006)
羅針盤 「せいか」(1998)
ラジヲ 「RAdIO」(1999)
渡辺貞夫  「Earth Step」 (1993)

関連記事

コメント

非公開コメント