DJの頭の中?

Fred Pの3時間半にわたるロング・ミックスの映像が英Boiler Roomのサイトに上がってた。今、BGMで流してる。ハウス系、かな?URLは、こちら。

どっかのレコード屋が会場みたい。観客は少なく、ほとんど聴いてなさそうな静かなノリが不思議な光景だ。ネットで調べるとFred Pってその筋では有名人みたいなのに。確かに何人かは、ひそかに視線をDJへ送ってるけれど。

Fred PはBlack Jazz Consortiumのメンバーで10年単位のキャリアがあるDJらしい。
日本語プロフィールとインタビューはこちら。http://jp.residentadvisor.net/feature.aspx?2307
Black Jazz Consortium名義のサンクラはこちら。https://soundcloud.com/black-jazz-consortium

映像を見てると、DJプレイは実に細かい。ロングミックスのため、丁寧にピッチや音色を変えてるようだ。それでいてメインの左右切り替えフェーダー操作が分からぬため、いつの間にか曲が切り替わっている。
つまり、非常にじれったい。例えばギタリストの速弾きはネックを踊る指見て、おお、すごいと直感的にわかる。
ピアニストの超絶技巧は、たとえ鍵盤上の指先が見えずとも体の動きで感覚的にわかる。
たとえDJでもヒップホップのスクラッチ曲芸ならまだわかる。がつんがつフェーダー動かすとことか。

しかしこの手のロングミックスは切れ目なく滑らかが身上のため、そもそも気づかせたらダメだろう。ということで、つまみ操作は実に慎重。ターンテーブルを幾度もいじって回転数か頭出しの箇所を何度も確認し、音質もヘッドホンを幾度も外しながら出音とモニターを確認する。
つまり・・・何やってるか分からないので、むちゃくちゃもどかしい。

PC操作の音楽を聴いてるときと同じ気分。DJプレイを聴いてるのも良いが、ほんとうは本人によるオーディオ・コメンタリーの解説を聴きたい。
「このとき、次にアレをかけようと思ったんだ」
「高音の音質を弄ってるだろ?ちょっと次の盤はキツくて上を鈍らせてたんだ」
「ほら、ここだ。このポイントに併せたかった」とか。

もしくは第三者の解説と実況でもいい。
「あっ、今の部分で切り替わりました」
『ちょうど繋ぎを軽くリバーブかけてカブせましたね。彼の得意技ですよ』
「レコードをいったんタンテから下ろし、別の盤に変えました」
『BPMが似かより過ぎたので、あの09年の限定盤12インチで大胆なテンポ替えが狙いでしょう』とか。・・・面白いと思うんだがなあ。
関連記事

コメント

非公開コメント