ドロシー

ドクター・ジョンの73年ライブ音源が無料DLで上がってた。
amassの記事はこちら http://amass.jp/50018/

調べると1973年11月6日にNYのウルトラソニックでスタジオ・ライブの音源。観客の歓声も聴こえるけど、ラジオ用かな。ライン録音で分離も良いステレオだ。音質は10点中8。ちょっとドロップしてる気がする。
73年と言えば"In The Right Place"の発表年。本盤からも6曲を演奏してる。

バッキングはアラン・トゥーサンとミーターズってブートの情報もあったが間違いのようだ。上手く聴き取れないが、中盤でのメンバー紹介はミーターズと全く違う人たちばかり。
「うぉ、こんな音源が眠ってたとは!」と一瞬熱狂したが、どうやら"Herbal Mixture"とか"ULTRASONIC STUDIOS"のタイトルで、ブートで昔から出回ってた音源らしい。

と、えらそうに語ってみたものの。実はドクター・ジョンって詳しく無い。"ガンボ"や"In The Right Place"など、数枚しか聴いたことない。

ということで、本題。ぼくが大好きなドクター・ジョンの曲は"ドロシー"。
ピアノ・ソロの"Dr. John Plays Mac Rebennack"(1981)に収録されている。オリジナルは、こちら。

ロマンティックさとスワンプ風のグルーヴが混在する、とっても小粋な曲。あまりニューオリンズの音楽に思い入れは無いのだが、こういう温かさは好みだ。こじゃれた場所でもいいが、むしろ薄汚れたバーの片隅も似合う素朴な音楽。

ふとYoutube検索したら、カバー演奏が何曲もあった。どうやら譜面が昔、出回ってたみたいね。
MIDI演奏まであってビックリ。これがまた、けっこう温かいんだ。打ち込みといえども、ここまでニュアンス出せるとは。侮れない。

これはドクター・ジョン自身の別テイク。アルバムが02年にリマスター再発の時、ボートラでついたらしい。これ、聴いたことなかった。

色々と本当もう、ネットで聴ける音楽の幅広さが凄まじい。ブートに高い金出すのは「今これを聴きたい」って瞬発力だけになりそう。あちこち探してると、意外な音楽がネットに転がっている。
関連記事

コメント

非公開コメント