"Melodeon"(1997) Licorice Roots

 クレイマーのクレジットをきっかけに当時、入手したサイケ・ポップ。今でもかろうじて情報がある。

 クレイマーのスタジオ、ノイズ・ニュージャージーの録音。発売はノースカロライナ州のインディ、Mood Foodから。メンバーは実質三人か。収録作はギターと鍵盤、歌担当のEdward Moyseがすべて作曲した。
 
 今でも情報はネットでいろいろと断片的に見つかる。発売元はすでに潰れてるのか、HPが見つからなかった。けれどもここでジャケ写付きの本盤レビューあり。フェイスブックのページまであった。

 "Licorice Root Orchestra"(1993,Shimmy Disc)についで本盤が出たようだ。シミーから発売のとおり、前作もエンジニアにクレイマーの記載あり。クレイマーが全盛期のころだ、こっちも聴いてみないとな。
 本盤だとクレイマーはスティーヴ・ワトソンらと連名でエンジニアのクレジット。プロデューサーの記載はない。
 なお06年に実質3rdと思しき"Shades of Streamers"が発売。エンジニアのクレジットにスティーヴ・ワトソンの名前が。かろうじて、小指一本クレイマーつながりと言えなくもない。

 サウンドは夢見心地なサイケ・ポップ。メロディはそこそこきれいだが、歌声がときおり微妙に調子っぱずれなところがご愛敬。煙ってひしゃげたクレイマー・サウンドで、シンプルな編成だがダビングを重ねてエコーが付与され、決して安っぽくはない。
 アレンジを間違わなければ、ソフト・ロックにも仕上がったと思う。特に(8)とか。けれどもクレイマー流のドラッギーな密室性を付与され、奇妙に不安定な味わいが重なった。

 久しぶりに聴いたが、独特の味わいがかっこいい。
 テクニカルではないが、ミックスが派手に楽器を前後へ位置させ、人工的な奥行きを産んでいる。中期ビートルズ風のごちゃっと様々な要素を混ぜた、とっちらかりぶりが楽しい。

Track listing
1.Melodeon
2.Maracca Beach
3.Yic Yac Blues
4.Oval River
5.Silver Slippers
6.Marushka
7.Loop-Loopy
8.Oh Love
9.Baby Be
10.Blue Julep Morning

Engineer Jed Rothenberg; Steve Watson; Kramer
Recorded at Noise New Jersey

Personnel
Edward Moyse - vocals, guitar, piano
David Silverman - saxophone, organ,piano(on 3)
Dave Milsom - drums

Lee Ming Tah - Hawaiian steel guitar on 6
Mark Murphy - bells on 7
Arthur Marks - bass on 7

[Discography : incomplete]
1993:Licorice Root Orchestra
1997:Melodeon
2006:Shades of Streamers
2010:Strangers In Marshmallow Boots (Single)

  

関連記事

コメント

非公開コメント