聴かないのに聴けないと聴きたい。

12時間連続のDJロングセットがあった。Stones Throwレーベル主宰のPeanut Butter Wolfが12年に行った時の映像。ピーナッツのプロフィールはこちらか、こちら。

ソウルを中心のようだが、リック・ウェイクマンやELO、レジデンツも混ぜるごった煮スタイル。ビートルズ → スヌープ・ドッグ → モーメンツ → ウータンとつなげるセンスが面白い。

長尺だがぶつ切りにせず、You tubeでは3ファイルに分かれてた。最初のセットがこちら。
Youtubeの動画説明欄でセットリストが見られる。

で、表題につながるのはここから。日本だと制限かかり、Set3だけ聴けない。別に12時間ぶっ続けで見られなくともいいのだが、なんか悔しい。

本企画元のBoiler RoomでMP3が落とせるけれど、Set 1だけ。

逆にSet 3はサンクラで落とせるようだ。

とりあえずSet1とSet3だけでファイル容量が約1ギガ、約7時間。大笑いだ。誰が聴く?

だがMP3のSet2が見当たらない。Youtubeで見られるから、これをMP3にコンバータすればいいのだが。

しかし。翻ってこの12時間セットを聴くか?と聞かれたら聴かないと思う。1ファイル3時間だからブツ切れになるし。せめて30分単位でトラック切ってほしかった。
とはいえども。聴けないとなると、無性にファイルを探してしまう。持ってるだけで安心、いやMP3なりのリンクをブックマークしてくだけでも安心。

いつでも聴けるって、まず聴かない。しかし聴けないと聴きたくなる。で、聴きもしない音源を探してしまうという。二次所有欲とでも言おうか。21世紀の新しい欲望の形だと思う。
とりあえずブックマークしといたらOK、みたいな。ブクマだけで覚えたり自分のモノになった気がする疑似記憶。実際にはリンク先消滅の危険あるから、HDDに落しとく必要がある。これが2次所有。ブクマだけなら、3次所有か。何もしないで「ネットで探せばあるさ」と安心が4次所有。うわー。いっぱい所有の概念が増えた。

こういうラジオ番組が高校生のときあったらなあ。CD買わずにずっと聴いていそう。
関連記事

コメント

非公開コメント