カントリー・ラップ

ぶっちゃけ、何も考えなくていい曲を聴きたい。ラップがいい。で、カントリーはどうだ。と、Youtubeを適当に検索。

Mini Thin"City Bitch"(2014)
ウェスト・バージニア州のラッパーらしい。PV見ると刺青だらけの男と、水着のねーちゃんがイカれて騒ぐパーティが延々と続く。うわー。ラップはたるいが、妙にキャッチーで癖になる。

これは今の曲かな。The Lacs - "God Bless a Country Girl"(2015)
ジョージア州の出身。8thアルバム"Outlaw in Me"に収録曲。もうちょい知性を感じるPVだが、インテリってほどでもない。田舎っぽいのどかさがブワブワ漂う。スライド・ギターのソロがなんともズブズブくる。

Lacsはズバリ"Keep It Redneck"って曲もあった。身もふたもないな。PVがバギーを泥道で乗り回しのお気楽な仕上がり。曲は単調だが、エレキギターの歪んだ響きがダサ面白い。

あと、コルト・フォードが引っかかった。ジョージア州はアセンズの出身だ。この曲"Chicken & Biscuits"(2010)は同名の2ndアルバムに収録。
アルバムは全米チャート28位、カントリー・チャートで8位まで上がった。シングルのこの曲はカントリーチャート60位。
フィドルまで入ったカントリー・ロックな風情のトラックで、畳み掛けるラップがなんとも・・・頭の中が空っぽになる。ビデオも妙に間抜けだな。イントロ長いし。

もういいや。色々聴いてたら、疲れてきた・・・。寛げる曲が聴きたい。さて、何聴こう。
関連記事

コメント

非公開コメント