トビー・ライトマン新作EP!!

バンドキャンプやAmazonで米ニュージャージーの女性SSW、Toby Lightmanが新作EPを11/6に発表した。いいねー。PCでは全曲フル試聴できる。

 
総じてバンド・サウンド、彼女の多重ハーモニーを混ぜた。豪華ではないが、けっしてチープでもない。寛いだ居間でのクリスマスを過ごすのに、似合いそう。

今回のクリスマス向EPは5ドル、7曲入り。タイトルは"Holiday Lights"。バンドキャンプのページはこちら。
https://tobylightman.bandcamp.com/album/holiday-lights-ep
ハッピーな一曲目から、スレイベルが遠慮がちに響くミドルテンポで切なげな(2)。相変わらず彼女は、良い曲を書き歌う。

(4)はほんのりスペクター・サウンドを連想させるポップス。(5)はスタンダードの"ジングル・ベル"。アクセントを小粋につけて、アコギに少しのパーカッション、自らのハーモニーをダビングして、スインギーに仕上げた。
(6)もスタンダード・カバー。ベンジャミン・ハンピーの"Up on the Housetop"の名曲を、テンポ上げて軽快なポップスに仕立てた。オルガンのオブリがファンキーでいいな。クリスマス曲のメロディをコーラスに織り込む。

最後の(7)はセルフ・カバー。2010年に発表のオリジナルのクリスマス・ソング"Snow Day"をアコースティック調にアレンジした。
この曲はKMartのコマーシャル・ソングらしい。当時、デジタル・シングルのみで発表あり。

当時のCMはこちら。音楽はものすごく小さくミックスされており、使用されてるか、すらわからないくらいだが。ただし、いい曲だ。実際の曲も並べとく。
   


トビー・ライトマンの日本の認知度ってどのていどだろう。デビューは04年、もう10年選手か。当時のツアーではプリンスのオープニング・アクトを務めたらしい。

1stアルバムを聴いて、かっこよさへ夢中になった。
"Devils and Angels" が特によかった。ちょっと泥臭くて、シャープさをまとって。当時ビルボードで、シングルチャート13位のヒットを飛ばした。
 

彼女は数年おきに着実にアルバムをリリース。チャートに登場はしないが、内容は充実したものばかり。2013年くらいからT Killa's Workshopのレーベル名で、バンドキャンプに活動の中心を移した。
テレビ番組の作曲などもやってるようだ。公式Webページで一覧が見られる。

バンドキャンプのページはこちら。なおAmazonでもデジタル盤は買える。

アルバム・リリース】
2004:Little Things
2006:Bird on a Wire
2008:Let Go
2010:Know Where I'm From
2010:We Are             【 EP 】
2013:ABC Family THE FOSTERS【 EP 】*Digital only
2013:Holding a Heart        【 EP 】
2014:Film & TV Collection     【 EP 】*Digital only
2014:Every Kind of People        *Digital only
2015:Holiday Lights         【 EP 】*Digital only

キュートなSSWだし、もっと売れないかな・・・。とにかく活動は続けて欲しい。
最新のフルアルバムが、昨年出たこちら、"Every Kind of People"。

関連記事

コメント

非公開コメント