TZ 7378:Mycale "Mycale: Book of Angels Volume 13"(2009)

 編成を変えつつ第二期Masada"The Book of Angels"の316曲を演奏するシリーズ、第13弾は新ユニットにして新境地。女声アカペラ四声のユニット、Mycaleの登場だ。

 例によって本盤のみで発表の新曲ばかりだが、(11)は本シリーズVol.17で再演された。
 スキャット部分はアドリブかもしれないが、基本はきっちり譜面化されている。ソロ風に歌う場面へ、数人で白玉やリフをぶつけるアレンジだ。全部ジョン・ゾーンの仕切りと思われる。
 しめて33分程度と短いが。涼やかさと、緊張のハーモニーを味わえる一枚。吸い付くようなピッチの合いっぷりが、滑らかで耳ざわり良い響きを産んだ。

 メンバーの四人は、それぞれ別分野で活躍するシンガーたち。彼女たちのオフィシャルWEBはそれぞれの名前をクリックしてください。
 Ayelet Rose Gottliebはエルサレム出身のシンガー。アラビックなジャズを歌ってるようだ。


 Sofia Rei Koutsovitisはアルゼンチンの歌手。エスニックなヨーロピアン・ポップが守備範囲か。

 2013年にワルシャワにて、ジョン・ゾーンと共演の映像もあった。


 Basya Schecterは、Pharaoh's Daughterのボーカリスト。アラブ寄りのポップスを演奏のようだ。


 Malika Zarraはモロッコ生まれのフランス系歌手。多様な文化背景を元に、無国籍ポップスを歌う。

 
 ほんとバラエティに富んでいる。NYの層が厚いのか、ジョン・ゾーンの目配りが鋭いのか。

Personnel:
Ayelet Rose Gottlieb - voice
Sofia Rei Koutsovitis - voice
Basya Schecter - voice
Malika Zarra - voice

関連記事

コメント

非公開コメント