TZ 7324:John Zorn : Godard/Spillane(1999)

 ファイルカード作曲の傑作。才気ばしったゾーンの狂躁状態が噴出してる。
     

 難解で混沌を音楽で表現した(1)、ハードボイルドを勇ましいジャズでスリリングに決めた(2)。コラージュ要素が前に出た(3)。それぞれに良さがある。
 あくまで音楽と聴くなら(2)が素晴らしくかっこいい。お薦め。

 本盤でのファイルカード・システム作曲は、めまぐるしい場面展開と、複数のイメージを多層並列に提示しミュージック・コンクレートみたいなムードを出す。ゲーム・ピースを自分の頭の中で行ってるようなものか。構築でなく、イメージが次々と紡がれる。
 さらにゾーンはアジアの言葉もふんだんにコラージュし、無国籍な幻想も付け加えた。
 TZADIK盤は既発曲の再発であり、中古盤屋で混乱しがち。本稿でまとめる。
 本盤収録の3曲は、それぞれ異なる盤で最初は発表された。TZADIKで再発にてまとめた格好だ。それぞれの初出は以下の通り。
 "Godard" :V.A."Godard Ça Vous Chante?"(1986)Nato:France 
 "Spillane" :John Zorn "Spillane" (1987) Elektra Nonesuch :USA
"Blues Noël" :V.A."Joyeux Noël"(1987) Nato:France

 逆にアルバム"Spillane"に収録の、残る2曲はTZADIKでは未再発。ノンサッチ盤を探す必要がある。CDを探すのは手間かもだが、AmazonでMP3版を500円で販売あり。聴くだけなら、こちらでもOKだろう。


 どれも演奏の妙味というより、スピーディな転換とジェットコースターみたいな勢いを楽しむ楽曲。なまじ日本人だと、唐突に表れる日本語に耳が引っ張られる違和感もあり。
 "Spillane"のみ収録の2曲も、ついでに記載しておく。

 "Two-Lane Highway"はブルーズ奏者のアルバート・コリンズや、オルガンのジョン・パットンを迎えた豪華な編成。その他のミュージシャンも、今見ると綺羅星ばかり。
 めまぐるしさもあまり無く、単純に音楽として、楽しい仕上がりと思う。第二部の方は語りが多く、英語分からないためもどかしいが・・・。

 "Forbidden Fruit"はフリクションのレックが書いたテキストを太田裕美が朗読し、クリスチャン・マークレーがターンテーブルで揺らすという二重三重に捻った楽曲だ。
 アイドルの太田裕美を良くブッキングできたな、と思う。プロダクションの縛りとか厳しそうなのに。この曲はクロノス・カルテット『冬は厳しく~弦楽四重奏曲の諸相II』"Winter Was Hard"(1988)に収録。こちらが先のリリースで、その後にゾーンが自作へ転載かもしれない。

 小節ごとに引用し跳躍する、初期ジョン・ゾーンの現代音楽的なアプローチも既に本曲で聴ける。これら2曲もTZADIKでアーカイビングする価値有と思うが・・・単に契約で再収録が叶わなかったのかも。

Personnel:
On "Godard"

John Zorn - alto, clarinet, French narration
Anthony Coleman - piano, organ, harpsichord, celeste
Carol Emanuel - harp
Bill Frisell - guitars, banjo
Christian Marclay - turntables
Bobby Previte - drums, percussion
David Weinstein - keyboards, computer
Luli Shioi - vocal
Wu Shao-Ying - narration
Richard Foreman - English narration

Recorded at Radio City Studios, New York City in August-September 1985

On "Spillane"

John Zorn - alto saxophone, clarinet
Anthony Coleman - piano, organ, celeste
Carol Emanuel - harp
Bill Frisell - guitar
David Hofstra - bass, tuba
Bob James - tapes, compact discs
Bobby Previte - drums, percussion
Jim Staley - trombone
David Weinstein - sampling keyboards
John Lurie - voice of Mike Hammer
Robert Quine - voice of Mike Hammer's conscience

Recorded (June/August 1986) at Radio City Studios, New York City

On "Blues Noel"

John Zorn - alto
Michael Blair - percussion, voice
Anthony Coleman - piano, organ, celeste,harpsichord
Fred Frith - guitars, bass
Ikue Mori - drum machine, voice
David Weinstein - sampler

Recorded at Radio City Studios, New York City in September 1987



"Two-Lane Highway"
Part 1:Preacher Man/White Line Fever/Nacogdoches Gumbo/East Texas Freezeout/San Angelo Release/Rollin' to Killeen/Blowout/Devil's Highway/Midnight Standoff/Marchin' for Abilene" 13:30

Part 2: Hico Killer/Long Mile to Houston 4:46

Recorded (June 1987) and mixed (August 1987) by Don Hunerberg at NBC Radio City Studios, New York City

Albert Collins - guitar, voice
Robert Quine - guitar
Big John Patton - organ
Wayne Horvitz - piano, keyboards
Melvin Gibbs - bass
Ronald Shannon Jackson - drums
Bobby Previte - drums, percussion

"Forbidden Fruit (Variations for Voice, String Quartet and Turntables)" 10:20

Recorded September 1987 at Russian Hill Recording, San Francisco, by Howard Johnston, and at Metal Box Studio,
Tokyo by Ono Seigen. Mixed September 1987 by Ono Seigen at CBS Roppongi Studios, Tokyo.

Kronos Quartet
David Harrington - violin
John Sherba - violin
Hank Dutt - viola
Joan Jeanrenaud - cello

Christian Marclay - turntables

太田裕美 - voice
Reck - Original texts


関連記事

コメント

非公開コメント