"プレース・エバン"(2002)明田川荘之

 至高の名作だ。俺はライブで何を聴いてるんだ、と愕然とした盤。

 おーらいレコードへ原盤提供した、明田川としては異例の発表形式を取ったリーダー作。ピアノ・ソロとセッション、双方の音源を収録した。ピアノ・ソロのほうは、ぼくが聴きに行ってたライブ。感想はこちら

 しごくあっさり書いてるけど、本盤収録のピアノ・ソロはとびきりの名演だ。ぼくは本盤収録の(1)に、なんど慰められたか分からない。大好きな曲になり、機会あるとリクエストしてる。胸をかきむしられるロマンティックさと、ブルージーな無骨さ。そして中盤からの畳み掛けるリフレイン。全てが好きだ。
 ライブで聴いてる瞬間は気づけなかったなあ・・・無念。しかしその分、CDになってから聴いた。ライブで何を聴いてるんだろう、と考え込むきっかけがこの盤だ。

 また、"プレース・エバン"の収録も嬉しい。透き通るようなイントロの響き。ゆったりとメロディが紡がれ、高まっていく。どこにも隙や傷が無い。繊細でふくよかな厚い布地のようだ。
 秘かに「明田川の名バラード2大曲」に上げる名曲だ。ちなみにもう一曲は"テイク・パスタン"。深い意味は無いが、(1)の"りぶるブルーズ"は違う。この曲は僕の中で、違うくくりに入ってる。

 ジャケットの黒色イメージゆえか、ぼくは本盤から穏やかな落ち着きと、躁的なパワーを感じる。特にバンド編成の2曲は、せわしない切迫さを覚える。
 こちらのセッションは昔馴染みの楠本(ds)以外は比較的、中堅から若手を集めた。松本兄弟と、鈴木克人がはじけるさまは(2)のほう。落ち着かぬ旋律を、歯切れよく演奏した。
 むしろどっしりと明田川や楠本のペースに任せた、雄大な(5)は違う響きだ。

 ts、b-tb、b、dsと低音強調の、特異なアンサンブルで暴れるさまと、ピアノで穏やかにメロディを滲ませる優しさ。二つの要素が、ごく滑らかにアルバム一枚に収まった。

<収録曲>
1.りぶるブルース
2.シヤハ
3.プレース・エバン
4.OKコレヤス
5.てつ

Personnel:
明田川荘之:p,オカリーナ
松本健一:ts
松本和志:Btb
鈴木克人:b
楠本卓司:ds

録音:アケタの店ライブ
2002/7/20 :1、3、4
2002/8/18 :2、5

関連記事

コメント

非公開コメント