"旅"(1996) 明田川荘之

 明田川は過剰、である。さらに本盤は明田川のソング・ブック、でもある。

 ミュージシャンは長いキャリアの中で2枚組を出すケースがある。溢れる創作力がパッケージ一枚に収まらぬ、かのように。しかし明田川は、さらに放出する。実に4枚組。しかもすべて、ライブ。

 個々の盤でテーマを設定し、編成を変えた。もっとも古い音源で92年、あとはほとんどが95-96年。この当時は演奏するたび、手ごたえあるテイクが録音できたとライナーにある。
 ともあれ当時のリリース形態ですら、4枚組は豪快過ぎ。

 よくジャズやロックの世界で「契約枚数を達成するため、マラソン・セッションややっつけ企画でLP何枚か分の収録した」ってエピソードがある。
 だが明田川は真逆だ。CD4枚別々のコンセプトになりうる企画を、4枚組アルバムへぶち込んだ。契約枚数を達成したが、まだまだ発表したいことがあるってぎゅう詰めしたかのように。
 実際のとこは本盤の後に、"カリファ"、"長者の山"、"スモール・パピヨン"と明田川のリーダー作が、プラッツから発売されている。

 明田川荘之は膨大なオリジナル曲がある。それを片端から聴ける、彼のソング・ブックみたいな趣きも本盤にはある。超名曲で明田川の代表曲の一つ、"テイク・パスタン"も本盤で初収録された。
 瀕死の自動車事故のあと、入院中に書かれた名曲"杏林にて"が収録も嬉しい。個人的に、この曲が大好きだ。

 この4枚組で3種類の"南部牛追唄"が聴けるのもユーモラスなところ。
 アルバムによって本盤は、色々とアプローチを変えた。ピアノ・ソロな一夜を記録がDisc 1。多分深夜ライブだろう。

 3種類のセッションを詰合せたDisc2。Disc3は吉野弘志とのデュオをじっくり、がDisc 3。よほどこの日のライブは手ごたえあったらしい。Disc 2の後半2曲も、同じ日のライブ音源だ。吉野とのデュオと言えば、未CD化な"アット・ザ・バベル 2nd"(1985)。この10年後な位置づけか。とはいえLP音源を聴いたこと無く、双方の違いが分からない。無念。
 圧巻がDisc 4。オーケストラ編成で92年と96年ライブを聴き比べられる。大編成ゆえの暖かな厚みと、次々現れるソロの妙味が良い。

 全般的に、つるっと滑らかな暖かさを感じる。後年の溢れる情感までは行かず、次々にメロディが展開し音世界が広がっていく。奔放に絶え間なく表出するフレーズと、強靭なグルーヴ。タイトなビート性とフリーとインテンポを自在に前後するタイム感。

 いわば硬質に洗練され、冴えわたった明田川が本盤では存分に聴ける。

 なおDisc 4は板谷博の追悼盤でもある。数年後のリーダー作"Mr.板谷の思い出"(1999)でも、板谷博への追悼曲をタイトルに持ってきた。
 この過剰な温かさも、明田川だ。

<収録曲>
Disc 1 『福島・テイク・パスタン』
1.三階節
2.テイク・パスタン
3.豊沢湖
4.アローン・トゥゲザー
5.花まつり
6.ストレンジ・ウッド・ブルース
7.オカリナ・メドレー
  孝の鹿~常動曲~アイ・リメンバー・タカシ~若き蒙古~シメロンの灯~初夢~南部牛追唄

Disc 2 『杏林にて』
1.杏林にて
2.ナウ・ザ・タイム
3.ヘルニア・ブルース
4.バベル
5.南部牛追唄

Disc 3 『花巻大沢温泉』
1.ハートジャンプ大沢
2.おい郷、おまえなー
3.アケタズ・ブルース
4.ポエム・イン・ラブリー

Disc 4 『板谷博と共に生きた』
1.エアジン・ラプソデー
2.アフリカン・ドリーム
3.南部牛追唄~オーヨー百沢

Personel
「福島・テイク・パスタン」
明田川荘之(p、オカリナ)

「杏林にて」
明田川荘之(p、オカリナ、シンセ、vo)
楠本卓司(ds、on 1-2)
松風鉱一(fl on 3)
山元恭介(eb、on 1-3)
吉野弘志(b、on 4-5)

「花巻大沢温泉」
明田川荘之(p)
吉野弘志(b)

「板谷博と共に生きた」
板谷博(tb、組頭)
明田川荘之(p、オカリナ、シンセ)
吉田哲治(tp)
榎本秀一(ts)
加藤崇之(g)
山元恭介(eb)
楠本卓司(ds)
林栄一(as、on 1)
梅津和時(as、on 1)
木村勝利(per、on 1)
福島裕介(ts、on 1)
松風鉱一(as、on 3)

録音:
「福島・テイク・パスタン」
`96/10/5 西荻窪アケタの店

「杏林にて」西荻窪アケタの店
1,2:`96/5/5
3  :`95/8/18
4,5:`96/9/7

「花巻大沢温泉」
`95/9/7 西荻窪アケタの店

「板谷博と共に生きた」
1 :`92/4/21 西荻窪アケタの店
2 :`96/2/6 西荻窪アケタの店
3 :`96/4/30 吉祥寺MANDA-LA2


関連記事

コメント

非公開コメント