ドラムを叩いた。

久しぶりに浜松駅へ日帰り出張。

新幹線のホームを降りて楽器コーナーへ行くと、今までのピアノに加えてエレクトリック・ドラム・セットがあった。
横にスティックおいて、お好きに遊んでくださいって構図だ。

3タム2シンバル、キックは一つだがダブル・ペダル仕様。ほんの少しだけ時間あったので、ちょっとさわってみた。ドラム叩くのは29年ぶり。この表現は語弊ある。ドラムに触るのが、って言ったほうが正しいか。高校のとき、ブラス・バンド部の練習の隙間で、1時間ほど遊ばせてもらって以来だ。

当然まともに叩けないのだが、エレクトリック・ドラムなために下手くそな音は、外へほとんど響かないのがありがたい。しかし手と足とバラバラに動かないなあ。
そもそもスネアをまともに叩けてない。中心叩いてるつもりが、リムを叩いてるみたい。
タム回しとかしてみたいのに、身体がサッパリ思うようにいかぬ。頭と体が全く違うってのは、もどかしいね。キチンとドラムを叩けるようになりたいなあ。

関連記事

コメント

非公開コメント