TZ 7412:Kramer "The Brill Building" (2012)

 シミー・ディスク総帥の復活作で、悲痛なポップスのカバー集。


 発表から7年。延々と待たされた。シミー・ディスクが破綻し、シミー・マイアミを立ち上げ、セカンド・シミーが現れて。ソロアルバムなら"The Greenberg Variations"(2003)から9年ぶりだ。
 クレイマーは迷走していた。90年前後の活発なリリースはすっかり影を潜め、少々怪しげなJames Randi教育財団の仕事が漏れ聞こえる以外、音楽活動は停滞してた。
 08年には唐突に来日の嬉しい出来事があり、その際に"Things to come"なるプロジェクトに没頭と理解できた。ところが本盤は一向にリリースされない。
 セカンド・シミーが稼働し、すっかり活動は元に戻ってるはずなのに。

 TZADIKの発売予定がずっと続いた揚句、ついにリリースされた本盤を聴いて猛烈に戸惑った。あまりに暗く、重たいカバーだ。
 もともとクレイマーのサイケな趣味は分かる。一連のTZADIK盤で聴ける難解さへの誘惑も。TZADIKのカバー曲コンピに参加したときも、独特の幽玄な世界を披露した。
 しかしこんなハッピーなポップスを選んで、どぶ色にカバーは無いだろうよ。

 テーマはユダヤ人作曲家によるブリル・ビルディング・ポップ。つまりビートルズ前、アメリカを席捲した名曲群が並ぶ。
 ゴフィン=キング、バカラック、バリー=グリーンウィッチ、バリー・マン、ポーマス=シューマン。リーバー=ストーラー。そしてフィル・スペクター。綺羅星ぞろいだ。
 それをここまで、ヒネってカバーするか。

 ちなみにシャングリラスって、クレイマーのセンスに似合うと思うが。選曲は無し。

 演奏は全てクレイマー。録音も、プロデュースも。数曲でちょっとゲストを迎えたのみ。(7)で競演のR. Stevie Mooreは知らなかったが、ナッシュヴィル出身で膨大な自主制作盤をリリースの変人ミュージシャンらしい。面白そうな人だな。
https://en.wikipedia.org/wiki/R._Stevie_Moore

 クレイマーは曲ごとに声を少しづつ変えながら歌う。夢見心地な世界観は、すっかりひしゃげて、別の薬で夢見心地みたいな不健康な香りを漂わす。ハッピーなアメリカン・ドリームは皆無だ。
 これはこれで面白いサイケ・ポップではある。あえてこれらをカバーする必要性は全くないが。

 選曲も凝ってると言えば、凝ってる。以外とアルバムのキーワードはスペクターだ。
 暴力的な歌詞がテーマなクリスタルズ"He Hit Me"で幕を開け、
 中間部にやはりスペクターがらみのベン・E・キング"スパニッシュ・ハーレム"をはさむ。最後はロネッツ後期の名曲"パラダイス"で締めた。
 他の曲も有名曲ぞろいだが、本当に派手な曲は注意深く外した。ほんのりと黒人音楽の香りを漂わす並びだ。ただしアレンジにうっすらとカントリーな味わいも。

 まあ、一筋縄ではいかない。一般的には薦めがたい。クレイマーのファンなら苦笑いしながら夢中で楽しめると思うが。

Personnel:
Kramer - vocals, instruments, musical arrangement, production, engineering

Jad Fair - vocals (9)
Mike Jones - piano (9)
R. Stevie Moore - drums (7), guitar (7), vocals (7)
Daniel C. Smith - vocals (10)


関連記事

コメント

非公開コメント