TZ 7172:V.A. "Voices In The Wilderness - Masada 10th Anniversary" (2003)

 マサダ10周年を記念したコンピの第二弾。

 "Masada Guitars"に続く。前盤はマーク・リボーやビル・フリゼール、ティム・スパークスの三人によるソロ解釈がコンセプトだ。
 本盤はバンドを含む、さまざまなミュージシャンに委ねてMasadaの世界観を拡大した。
 2枚組のボリュームに拡大し、したたかに存在できる小コンボでのアンサンブルの味わいをじっくり楽しめる。ユダヤ人文化をさらに全面に出したのも特徴。
 基本は過去のMasada関連盤で聴ける曲を再演しており、異なるアレンジの妙味を味わえる趣向だ。このコンセプトをグッと拡大が、"Masada 2:The Book of Angeles"に続く一連の盤になる。

 本盤のみで聴ける曲なのが"Avodah"。
 "Malkut"は発売当時だと、レア曲だった。他には"Masada Recital"(2004)やジョン・ゾーン生誕50周年のライブ・シリーズの"第一弾"で、Masada String Trioのバージョンが聴ける。

 まず楽曲とミュージシャンを羅列。いずれ一曲づつ、細かく感想を書いてみたい。とりあえず、今は途中まで。

[収録曲:感想]
1."Karaim" Pharaoh's Daughter
 TZADIKから"Out of the Reeds"(2004)のリーダー作がある7人編成のアラビック・アンサンブル。ウードやバイオリンを軸に、しなやかな演奏を聴かせる。
 メンバー的にはDaniel Freedmanがリーダーかな。ベースのShanir Ezra BlumenkranzがTZADIK界隈では他のバンド参加も含めて顔なじみ。なおバイオリンは日本人女性であり、完全にアラブ系の人脈で演奏ってわけでもないらしい。

 主旋律を繰り返すさまが酩酊を誘った。MASADAのメロディが中近東文化へいかに馴染むかの証明だ。アドリブでなく手を変え品を変え主旋律を重ねていくスタイル。エレキギターの刻みが、ちょっと西洋的なタイミングでミスマッチ感が面白さを誘う。

2."Kisofim" Ben Perowsky Trio
 ドラマーがリーダーのピアノ・トリオ。ピアノのユリ・ケインはTZADIKでお馴染みだ。ドラムのベン・ペロウスキーはTZADIで"Camp Songs"(2003)があり、そこではこのトリオにギタリストやボーカルを加えた演奏をしてる。

 このテイクではピアノががっつり目立ち、あまりドラムの主導権は感じさせない。ちょっとどたつくタイトさで重ためにリズムを刻んだ。凛としたピアノを前面に出しつつも、ベースにも見せ場を作るオーソドックスなピアノ・ジャズ。グルーヴはぐっと抑えて、クールに決めた。6分程度とさほど尺は長くないのに、妙にじっくり聴ける。
 
3."Meholalot" The Cracow Klezmer Band
 TZADIKで6枚のリーダー作を持つクレヅマー・バンド。性急なテンポでバイオリンのピチカートとアコーディオン、タブラ風のパーカッションなどを使い、重心軽くスリリングできっちり縦線揃う整った演奏を収めた。

 一通りテーマを弾くと、アコーディオンの荒々しいソロへ。バイオリンにアドリブは繋ぐ。ジャズのスタイルで軽妙かつ前のめりに響かせた。ベースのオスティナートががっちりアンサンブルをまとめ上げ、MASADAの焦った空気感と見事に通底させている。

4."Lakom" Rova Saxophone Quartet
 即興界隈では老舗のサックス四重奏。テクニックは確かだが、バリサクもアンサンブルに加わりビート性は希薄だ。きっちりアレンジされ、リフと即興の役割分担もきっちり。組み合わせを頻繁に入れ替えながら、一人または二人がソロを紡ぐ構成をとった。
 この無秩序でフリーキーなスタイルも、MASADAではある。でもぼくは、ビートが欲しい。

5."Tekufah" Zony Mash
 一転してジャズ・ロック風味へ。TZADIKからアルバムは無いが、ニッティング・ファクトリーなどから5枚のリーダー作がある。TZADIK的にはウェイン・ホーヴィッツ(p)の名が目立つけれど。数々の盤で活躍するKeith Loweも、侮れない存在感だ。
 
 ぱっと聴きは歪んだエレキギターがまず目立ち、次にローズを弾くいぎたない鍵盤へ耳が行く。ベースはMASADA流のオスティナートを弾くが、The Cracow Klezmer BandやPharaoh's Daughterとの酩酊感とは違う。もっとグルーヴィだ。このバンドが本家MASADAをどこまで意識か知らないが。
 
 はたくようなビート性でリズムを不安定に揺らがせる、ジョーイ・バロンと似通ったドラミングが楽しい。いきおいテンポ・キープはベースが中心。アドリブしてる奏者以外のメンバーが、ドラムと絡みながらタフなグルーヴを作った。

6."Paran" Naftule's Dream
 クレヅマー・スタイルだが、ちょっと電気仕掛けな印象あり。実際の楽器はすべて生なのに。ベースの代わりにチューバが低音を担うため、エッジが少し丸くなって柔らかいムードを醸し出す。テーマ部分はキメが多く、ザッパ的にきっちりとアンサンブルをまとめた。
 TAZDIKから3枚のリーダー作を出す、馴染みのメンバー。この中の数人はShirim名義でも活動している。バスキングが狙いか。アドリブに入ると混沌さを増して、わさわさっと猥雑なしたたかさを魅せる。

7."Khebar" Kramer
 シミーディスクの総帥、愛しのクレイマーは多重録音であっさりと楽曲をまとめた。本盤が出た03年はシミーの経営が傾き、活動をぐっと抑えてたころ。TZADIKから"The Greenberg Variations"をリリースもこの年だ。この盤につながる、奇妙な自動演奏っぽいプラスティックな魅力を作った。

 打ち込みビートにアコーディオン風の鍵盤。中盤で達者なオルガンのアドリブをとるが、全体的には鍵盤すらも打ち込みっぽい奇妙な非人間風味を出す。
 最後はさりげない多重録音のハーモニー。"ライオンは寝ている"を連想するフレージングだ。

------------------------------------
Track listing:
Disc 1:
1. "Karaim" Pharaoh's Daughter 4:19
2. "Kisofim" Ben Perowsky Trio 6:45
3. "Meholalot" The Cracow Klezmer Band 4:57
4. "Lakom" Rova Saxophone Quartet 4:07
5. "Tekufah" Zony Mash 6:23
6. "Paran" Naftule's Dream 5:10
7. "Khebar" Kramer 2:20
8. "Nevalah" Satlah 3:39
9. "Abidan" Jewlia Eisenberg 3:53
10. "Tirzah" Pachora 5:06
11. "Peliyot" Lemon Juice Quartet 5:49
12. "Shebuah" Steven Bernstein 8:27

Disc 2:
1. "Ziphim" Medeski Martin and Wood 7:16
2. "Avodah" Rashanim 5:32
3. "Rokhev" Davka 3:16
4. "Tannaim" Tin Hat Trio 3:29
5. "Acharei Mot" Peter Apfelbaum 7:32
6. "Malkut" Mephista 3:30
7. "Kochot" Mike Patton 3:47
8. "Jair" Ben Goldberg Trio 5:22
9. "Ne'eman" The Wollesens 6:54
10. "Tahah" Professionales 3:45
11. "Tiferet" Jenny Scheinman 5:02
12. "Kedem" Jamie and Vanessa Saft 7:29

Personnel:

Disc 1:

"Karaim"
Basya Schecter - oud, vocals
Shanir Ezra Blumenkranz - bass
Daphna Mor - recorder, melodica
Ben Oir - guitar
Noah Heoffeld - cello
Meg Okura - violin
Daniel Freedman - percussion, vocal shouts

"Kisofim"
Ben Perowsky - drums
Uri Caine - piano
Drew Gress - bass

"Meholalot"
Jaroslaw Tyrala - violin
Jaroslaw Bester - accordion
Oleg Dyyak - accordion, clarinet, percussion
Wojciech Front - bass

"Lakom"
Bruce Ackley - soprano
Larry Ochs - tenor
Jon Raskin - baritone saxophone
Steve Adams - sopranino

"Tekufah"
Wayne Horvitz - Fender Rhodes
Timothy Young - guitar
Keith Lowe - bass
Andy Roth - drums

"Paran"
Glenn Dickson - clarinet
Gary Bohan - trumpet
Michael McLaughlin - piano
Brandon Seabrook - guitar
James Gray - tuba
Eric Rosenthal - drums

"Khebar"
Kramer - all instruments, voice

"Nevalah"
Daniel Zamir - soprano
Kevin Zubek - drums

"Abidan"
Jewlia Eisenberg - voice
Wesley Anderson - percussion

"Tirzah"
Chris Speed - clarinet
Brad Shepik - tamboura, electric saz, guitar
Skuli Sverrisson - bass, baritone guitar drones
Jim Black - drums, percussion
Jamie Saft - organ, keyboards, bass, guitar, programming

"Peliyot"
Eyal Maoz - guitar
Avishai E. Cohen - trumpet

"Shebuah"
Steve Bernstein - cornet
Doug Wieselman - Eb clarinet
Marty Ehrlich - bass clarinet
Doug Wamble - vocals, guitar
Aaron Johnson - shakers

Disc 2:

"Ziphim"
John Medeski - keyboards
Billy Martin - percussion
Chris Wood - bass

"Avodah"
Jon Madof - guitar
Mathias Kunzli - drums, percussion
Shanir Ezra Blumenkranz - bass

"Rokhev"
Daniel Hoffman - violin
Moses Sedler - cello
Paul Hanson - bassoon
Kevin Mummey - cajon

"Tannaim"
Mark Orton - guitar, dobro, banjo, percussion
Carla Kihlstedt - violin, viola
Rob Burger - accordion, bass harmonica

"Acharei Mot"
Peter Apfelbaum - organ, tenor, percussion
Hiawatha Lockport - organ
Charles Burnham - violin
David Phelps - guitar
Patrice - bass
Dafnis Prieto - drums

"Malkut"
Ikue Mori - laptop electronics
Sylvie Courvoisier - piano
Susie Ibarra - drums

"Kochot"
Mike Patton - all instruments, voice
William Winant - percussion

"Jair"
Ben Goldberg - clarinet
Devin Hoff - bass
Ches Smith - drums

"Ne'eman"
Dave Binney - alto
Steve Cardenas - guitar
Tony Scherr - guitar
Jesse Murphy - bass
Brian Mitchell - organ
Kenny Wollesen - drums

"Tahah"
Anthony Coleman - piano
Brad Jones - bass
Roberto Rodriguez - drums

"Tiferet"
Jenny Scheinman - violin
Nels Cline - guitar
Todd Sickafoose - bass
Scott Amendola - drums

"Kedem"
Jamie Saft - organ, keyboards, bass, guitar, programming
Vanessa Saft - vocals


関連記事

コメント

非公開コメント