Brandon Ross

凄く良かった。しかし音源が無い・・・。


89年頃のNY ニッティング・ファクトリーでのライブ音源を集めたコンピ、"Live At The Knitting Factory: Volume 3"(1990)。当時、全五枚のシリーズで発売されたものを、ぼくはたまたま、この一枚だけ先日入手した。

目当てはジョン・ゾーンやE#のSlanだったが。聴き終えて一番耳に残ったのは、Brandon Ross' The Overflowの"Kandinsky"。コンピだというのに14分もの長尺を確保する優遇ぶり。ゆったりしたテンポでエレキギターが、ベースが、伸びやかに美しいフレーズをたっぷりばら撒く。繰り返し聴いていた。

ブランドン・ロスって何の活動で名前を憶えてたか、全然記憶にない。Discogs見たが、たぶんキップ・ハンラハンかオリバー・レイクのサイドメンでぼんやり覚えてたようだ。Discogs page
http://www.discogs.com/artist/282235-Brandon-Ross

NYで90年代に本格活動してたジャズメンは、膨大なリリース持つって先入観がある。さぞかしブランドン・ロスもCDあるだろう、と検索したが・・・うわー。全然ない。なんでだ。Wikiすらない。ブランドン・ロスのリーダー作は、この3枚だけ。

[Discography]
2004: Costume
2006: Puppet
2014: For Living Lovers

しかもBrandon Ross' The Overflowに至っては本盤に収録の2曲しか音源残ってない。うわー。勿体ない。Youtube見ても全然出て来やしない。
Brandon Ross' The Overflowの布陣は、Brandon Ross(g),Melvin Gibbs(b),Don Buron(cl),Dougie Bowne(ds),Sadiq Bey(per)。活動内容は不明だ。

だいたいこの人、自分のWebページあるのか?たぶん今年58歳、枯れるには速い。出てくるのは今や過疎ったMy spaceだけ。https://myspace.com/brmuse ああでも、Facebookはあった。日本語プロフィールでパッとまとまったのは、タワレコのこれかな。
http://tower.jp/artist/380387/Brandon-Ross

いまどき、ちょっと検索したら見切れないくらいの情報や音源が溢れてしまう。少し検索に苦労する状態が、やや新鮮だった。

Youtube検索したら、そりゃあいくつかは映像が出てくる。でもリーダー作3枚、サイドメン参加でも数十枚くらいなら、これからあれこれ聴ける量っぽい。リーダー作数百枚って言われたら、多少気後れするけれど。とにかく彼の音楽は、これから聴き進めてみよう。

これがぼくが一番聴きたい、ブランドンのイメージ。Brandon Ross' Pendulum名義で今年NYでのライブ映像。The Overflowの拡大系って感じだ。CDは出て無いようだ。
https://www.youtube.com/watch?v=M7Lp35Qib6k

参加バンド、Harriet Tubmanの2011年ライブ映像。
https://www.youtube.com/watch?v=FUJ3FVarDV4

同じくHarriet Tubmanの2010年ライブ映像。
https://www.youtube.com/watch?v=PDHKFDGdj7E

キップとのライブ映像、2010年。
https://www.youtube.com/watch?v=rxjbaKw4C2E

【Brandon Ross 参加バンド】
Brandon Ross' The Overflow
Cold Sweat
Harriet Tubman
Henry Threadgill Very Very Circus
Jump Up
Marion Brown Quartet
Myra Melford's Be Bread
New Life Trio
Rob Reddy's Gift Horse
The Ron Miles Quartet
Wadada Leo Smith's Organic

関連記事

コメント

非公開コメント