ロシアのブート:Merzbow

ヤフオクみてたら面白いCDを売ってた。ロシア盤でメルツバウのブートレグ。

MP3音源でCDに詰め込んだパターンだ。2種類あるらしい。
http://page10.auctions.yahoo.co.jp/jp/auction/m144806272
http://page17.auctions.yahoo.co.jp/jp/auction/v430789791

レーベルはkuzia、でいいのかな。ジャケ写のURLへはアクセスできず、Discogsに若干の記録あった。しかしここにはメルツバウの盤は載っていない。

メルツバウの2種類は、一枚が非常に興味深く、一枚は何だかなあ、だ。

第一弾の収録アルバムは以下の記載。
├─ 01-Great American Nude - Crash For Hi-Fi 1991
├─ 02-Music For Bondage Performance 1992
├─ 03-Venereology 1995
├─ 04-Locomotive Breath (Mort Aux Vaches) 1995
├─ 05-Mercurated 1996
├─ 06-Tauromachine 1997
├─ 07-1930 1997
├─ 08-Aqua Necromancer 1998
└─ 09-A Perfect Pain (with Genesis P-Orridge) 1998

 凄いね。90年代のアナログ機材でメルツバウが暴れてた名盤がずらり。もれなく音源収録かは確かめてないが、これを一通り聞いたらメルツバウの入門編にぴったりだ。

 "Locomotive Breath"って知らなかった。
http://www.discogs.com/Merzbow-Mort-Aux-Vaches-Locomotive-Breath/release/233049

 調べたら95年のライブを収めたオランダ盤だ。千枚限定、Amazonでは9千円くらいのプレミアついてる。
 ちくしょう、聴いたことない。でもAmazonの配信で今は聴ける。ふう、よかった。ああ心臓に悪い。

第二弾が、何だかなあ。収録曲は以下の通り。
├─ 01-Door Open At 8 AM 1998
├─ 02-OM Electrique 2000
├─ 03-Metal Acoustic Music 2000
├─ 04-Remblandt Assemblage 2000
├─ 05-Collection Era Vol 1 2000
├─ 06-Collection Era Vol 2 2000
├─ 07-Collection Era Vol 3 2000
└─ 08-Paradoxa Paradoxa 2000

 一見、00年代のアルバム並んで見えるが、大嘘。02~08はメルツバウの79~81年の極初期音源で、50枚組Merzboxを上から順に並べただけ。だから98年の傑作"Door Open At 8 AM "が並びとして、やたら座り心地悪い。
 まあメルツボックスあれば、別に興味引かない。
 
 というわけで、意外と興味を惹かれたブートCD二種類だった。この日記書きながら、すごく久しぶりに"Paradoxa Paradoxa"(1981)を聴きかえしてた。

 1981年3月22日に明大前Kid Ailack Art Hallでのライブ。もとは82年に秋田昌美の自主レーベル、Lowest Music & Artsからカセットで発売。88年に同じく秋田のレーベルZSF Produktから再発された。
 メルツボックス(2000)で再発のときは26分の未発表音源が追加。今回のロシアMP3盤は、メルツボックス盤をブートしたようだ。

 いやはや、かっこいいね。不穏なノイズが一杯。水谷聖とデュオ体制で、水谷がオルガンなどを弾き、秋田がアナログで攻め立てる。このころからノイズ・オーケストレーション志向が明確で、ひよひよ鳴る電子音はのちの動物愛護路線に繋がる響きだ。
 改めて、メルツバウのブレない音楽性を痛感した。

 おまけ。今回、ロシアのメルツバウ情報を検索してたら、こんなインタビューにぶち当たった。クロームなら翻訳できる。97年のインタビューらしい。面白いなあ。
http://www.endkampf.lenin.ru/merzbow.htm

関連記事

コメント

非公開コメント