TZ 7328:John Zorn"The Big Gundown - 15th Anniversary Special Edition"(2000)

 作曲家モリコーネの作品をまとめた、初期ジョン・ゾーンの重要作にして傑作。

 邦題"復讐のガンマン"を標題に、作曲家モリコーネへのオマージュ・アルバム。オリジナルは85年にノンサッチから発売した。15周年の本盤はリマスターを施し、ボートラ6曲を本リイシューのために新録という斬新な発想で製作された。たいがいボートラって当時の音源なのに。
 
 ファイルカードっぽい展開だが、"スピレーン"のように派手な場面展開が売りではない。モリコーネの楽曲を下敷きに異なる要素を盛り込んだ。エキゾティックなウェスタンの風景と、煽情的な美しいメロディをジョン・ゾーン風のカッチリしたアンサンブルでカバーした。
 マルチ・テープでダビングを繰り返し、ゾーンはサックス演奏よりもプロデューサーの立ち位置に軸足を置いた。
 いわばこの後に膨大なリリースを繰り返す、ラウンジ風や疑似バンドの嚆矢となる。即興要素を生かしつつ、明確で端整なアンサンブルを見事に作り上げた。キップ・ハンラハンが後に行う活動の先駆、とも思う。

 参加ミュージシャンも膨大で、身内が多い。しかしトゥーツ・シールマンスのような大物も、すらっと参加してるあたりに本盤の力の入れ具合を感じる。
 佐藤通弘(尺八)も参加した。ちょうど佐藤の1stソロ"rodan"をゾーンがプロデュースのタイミングゆえか。

 奏者は凄腕ぞろい。アドリブでは無くアンサンブル志向のアレンジなため、個々の個性は見えづらいが。
 滴るロマンティシズムと、異物を挿入しても歪まないモリコーネの強固な旋律にまず驚嘆し、凡百のアンサンブルに留まらぬハードボイルドなクールさと、豊富なアイディアを投入したゾーンの発想力に惹かれる。
 音楽を聴く愉しみに満ちたアルバムだ。

 ボートラも本編と違和感がない。むしろ本編の15年前から、ゾーンのブレないスタンスこそ賞賛すべきだ。ボートラにはデレク・ベイリーや羽鳥美保(チボ・マット)も1曲で参加した。

Personnel:
John Zorn -- alto saxophone, saw, vocals, harpsichord, game calls, piano

Orvin Aquart -- harmonica
Cyro Baptista -- cuíca
Joey Baron - drums
Tim Berne -- alto saxophone
Laura Biscotto -- sexy Italian vocals
Vicki Bodner -- oboe, English horn
Polly Bradfield -- violin
Anthony Coleman -- piano, harpsichord, organ, vocals
Trevor Dunn - bass guitar
Carol Emanuel -- harp
Reinaldo Fernandes -- repinique
Anton Fier -- drums
Duduca Fonseca -- caixa
Bill Frisell -- electric guitar
Fred Frith -- electric guitar, bass guitar
Diamanda Galás -- vocals
Melvin Gibbs -- electric bass guitar
Jody Harris -- electric guitar
Shelley Hirsch -- vocals
Wayne Horvitz -- piano, celeste, electronic keyboards
Bob James -- tapes
Guy Klucevsek -- accordion
Arto Lindsay -- batucada contractor, electric guitar, vocals
Christian Marclay -- turntables
Mark Miller -- drums, timpani
Big John Patton -- organ
Mike Patton - vocals
Bobby Previte -- drums, percussion, timpani, vocals
Robert Quine -- electric guitar
Vernon Reid -- electric guitar
Ned Rothenberg -- shakuhachi, ocarina, jaw harp
佐藤通弘 -- 津軽三味線
Luli Shioi -- vocals
Claudio Silva -- pandeiro
Jorge Silva -- surdo
Jim Staley -- trombone, bass trombone
Toots Thielemans -- whistling, harmonica
David Weinstein -- Mirage, microcomputer

[Bonus Truck]
Mark Feldman -- Violin
Erik Friedlander -- Cello
Mark Ribot -- Guitar
Greg Cohen -- Bass
Joey Baron -- drums
Cyro Baptista -- Percussion
羽鳥美保 -- Voice
Jamie Saft -- Keybords
Mike Patton -- Voice
Derek Bailey -- Guitar
Trevor Dunn -- Bass


関連記事

コメント

非公開コメント