TZ 8315:John Zorn "Fragmentations, Prayers And Interjections"(2014)

 再演2曲と新曲2曲を収めたクラシック曲集。


 (1)と(4)が本盤初のレコーディング、(2)と(4)が再演となる。
 読めないくらいに小さいとはいえ、ふんだんにデザインされた譜面が嬉しい。アート・ワークはジョン・ゾーン、デザインはTZADIKでお馴染みなChippyの手による。録音は全てNYにて9月25日に行われた。ジョン・ゾーン名義だが、指揮者David Fulmerによるゾーンの作品集、と捉えたほうが座り良いかも。

 (1)は1996年の作品で、バーンスタイン生誕100年でズービン・メータ委嘱の曲とある。跳躍の激しいめまぐるしく展開する曲は、繊細な響きを随所に感じさせる。コラージュの色合いがつよいけれど、むしろ整ったコブラみたいなアプローチを感じた。
 方向性と無秩序に変化する世界観による混沌が、ひたすら指揮者の指示で前に進んでいくかのような。
 細密に練り上げたオーケストレーションが美しい。

 ブックレットにはトランペットやバイオリンの変奏譜面が掲載された。それぞれの楽器が変奏して組み上げられてるのかもしれない。瞬間は美しいが、全体像がつかみづらい楽曲だ。

 (2)は1999年の作品で、"What Thou Wilt"(2010)でも音源化済。バイオリン協奏曲で、ソロはChristopher Ottoが努めた。"What Thou Wilt"と聴き比べたが、若干本盤の方が流麗、かな?
 トリッキーで着地どころが見えない抽象的な楽曲を、スピーディかつメリハリつけて演奏した。張りつめた緊迫感が味わい。譜例を見ると、組曲っぽい構成かもしれない。
 この手の楽曲を、違う演奏で聴ける機会は意外に貴重ではないか。

 ちなみに2012年にタイのオーケストラが演奏したテイクもYoutubeにあった。知名度と言い楽曲の複雑さといい、現代音楽界でジョン・ゾーンはさりげなくもてはやされてる気がする。


(3)は馴染み深い曲。"The String Quartets"(1999)や"Cartoon S&M"(2000)でも取り上げた。ユダヤ・メロディが特徴的な美しい小品で、96年の楽曲。これは譜面がブックレットに載っていない。
 ふくよかで淑やかに演奏される。奥行ある甘やかな響きが愛おしい。ちりちりとすすり泣くような高音の響きの下で、中域がゆったりとメロディを奏でる。

 アルトーにインスパイアされた(4)は2012年の曲。めまぐるしい展開がひっきりなしに訪れる。三種類の分割があるらしいが、はじまりも終わりも良くわからない。
 これもコラージュめいた展開。(1)がコブラとしたら(4)はファイルカードな趣きだ。変拍子の嵐な楽想は、跳躍して全く別のところに着地する。しかし通底するテーマがうっすらとあり。何かと問われたら、明確に応えられはしないのだが。

 4ページにわたる楽譜がブックレットに掲載された。楽器が場面ごとに主役を交代し、複雑でテクニカルな演奏を繰り広げる様子が、何となく伺える。

 
Personnel:
Tom Chiu: Violin
Jennifer Choi: Violin
Olivia De Prato: Violin
Erik Friedlander: Cello
Joyce Hammann: Violin
William Winant: Percussion
Kathryn Andersen: Violin
Sam Armstrong: Trombone
Doug Balliett: Bass
Brad Balliett: Bassoon, Contra Bassoon
Scott Bartucca: Oboe, English Horn
Steven Beck: Piano, Harpsichord, Celeste, Organ
Nathan Botts: Trumpet
Meghan Burke: Cello
Jay Campbell: Cello
Erik Carlson: Violin
Jon Carroll: Horns
Claire Chase: Piccolo, Flute, Alto And Bass Flute
Caroline Chin: Violin
Barry Crawford: Piccolo, Flute, Alto And Bass Flute
Owen Dalby: Violin
Elizabeth Derham: Violin
Rachel Drehmann: Horns
Wayne Dumaine: Trumpet
Brian Ellingsen: Bass
Peter Evans: Trumpet
Felix Fan: Cello
Kenn Finn: Trombone
Gareth Flowers: Trumpet
David Fulmer: Conductor
Gillian Gallagher: Viola
Emilie-Anne Gendron: Violin
Matthew Gold: Percussion
Stephanie Griffin: Viola
Christopher Gross: Cello
William Hakim: Viola
Ken Hamao: Violin
Conrad Harris: Violin
Rebekah Heller: Bassoon, Contra Bassoon
Jen Herman: Viola
Zachary Hobin: Bass
Nicole Jeong: Violin
Bridget Kibbey: Harp
Pauline Kim: Violin
Sooyun Kim: Piccolo, Flute, Alto And Bass Flute
William Knuth: Violin
Adda Kridler: Violin
Yon Joo Lee: Violin
Alicia Lee: Clarinet, Bass Clarinet
Alex Lipowski: Percussion
Victor Lowrie: Viola
Clara Lyon: Violin
Campbell MacDonald: Clarinet, Bass Clarinet
Kevin McFarland: Cello
Carol McGonnell: Clarinet, Bass Clarinet
Joshua Modney: Violin
Arthur Moeller: Violin
Rane Moore: Clarinet, Bass Clarinet
Adrian Morejon: Bassoon, Contra Bassoon
Dave Nelson: Trombone
Ah Ling Neu: Viola
Michael Nicolas: Cello
Esther Noh: Violin
Christopher Otto: Violin
Tara Helen O’connor: Piccolo, Flute, Alto And Bass Flute
Jocelin Pan: Viola
Dan Peck: Tuba
David Peel: Horns
Natalie Pilla: Bassoon, Contra Bassoon
Jeffrey Reinhardt: Oboe, English Horn
Yuki Numata Resnick: Violin
John Pickford Richards: Viola
Mariel Roberts: Cello
Christa Robinson: Oboe, English Horn
Andrew Roitstein: Bass
Joshua Rubin: Clarinet, Bass Clarinet
Kris Saebo: Bass
Arthur Sato: Oboe, English Horn
Kate Sheeran: Horns
Fred Sherry: Cello
Brendan Speltz: Violin
Denise Stillwell: Viola
Ari Streisfeld: Violin
Dave Taylor: Bass Trombone
Michael Truesdell: Percussion
David Wallace: Viola
Asmira Woodward-Page: Violin
Jeffrey Zeigler: Cello
Randall Zigler: Bass

関連記事

コメント

非公開コメント