ジョー・ジャクソンの新譜!

うひょー。知らなかった。発売情報って今年の5月には出てたのか・・・。


http://amass.jp/59471/
http://joejackson.com/
世界4ヵ所でのセッションをまとめたアルバムで、16曲収録した。世界発売は10月2日。

試聴は2曲発表のようだ。とりあえず前者のアップテンポさが爽快だ。思ったより声が出てるなあ。後者も往年の甘酸っぱいメロディ全開が嬉しい。
"A Little Smile"
https://www.youtube.com/watch?v=biGNDTd90PA&feature=youtu.be
"Fast Forward"
https://soundcloud.com/officialjoejackson

オリジナル曲群ならば"Rain"(2008)、スタジオ作としては"The Duke"(2012)年ぶり。ちなみに"The Duke"は聴きそびれてる。

ジョーはライブ盤も多いため数えづらいが、スタジオ盤としては21枚目、かな。英Wikiでは"Big World" (1986)がライブ盤扱いで気に食わない。21枚目ってのは、"Big World"もスタジオ盤扱いで数えた。
そりゃまあ、"Big World"がライブかスタジオかって聴かれたら、ライブ盤なんだけど。

ジョー・ジャクソンは"Big World" (1986)をリアルタイムで聴きまくったっけ。全部は聴いてない。だが"Big World"と"Beat Crazy" (1980)、"Night and Day" (1982)、"Body and Soul" (1984)は大好きな盤。

記憶をたどると聞いた順番はまず、"Night and Day" (1982)と "Body and Soul" (1984)。なんかの切っ掛けでほぼ同時に聴き、めちゃくちゃ気にいったんだと思う。・・・ああ、思い出した。"You Can't Get What You Want (Till You Know What You Want)"のシングルをラジオで聴いて、かっこいいなって思ったんだ。
そのまま小遣い握りしめ、渋谷のタワレコへ。"Beat Crazy"のLPを買ってもう夢中。直後に新譜で"Big World"が出た・・・って流れな気がする。

ところが"Will Power"(1987)のストリングスでジョーのインテリ路線について行けず、興味がダダ下がり。聴く気を失ってしまった。"Blaze of Glory" (1989)や"Laughter & Lust" (1991)でジョー自身も失速してたし。

だけどレコ屋の新譜で"Night and Day II"(2000)を見て、興味が復活・・・そんな流れで今に至る。もっとも棚を見たら、その後のスタジオ作でも聴き逃しがある。つまりまあ、熱狂的ファンと胸を張るには気がひける。しかし今回の新譜、試聴音源は悪くない。さあて、買おうかどうしようか。

関連記事

コメント

非公開コメント