初期のBilly Joel

ひさしぶりに"Cold Spring Harbor"(1971)を聴いていた。そういや本盤より以前、ハッスルズやアッティラの音源って聴いたこと無いな・・・と、検索。やっぱあるのね。Youtube恐るべし。

【The Hassles Discography】
1967:The Hassles https://www.youtube.com/watch?v=lsT7aHhCHbU
1969:Hour of the Wolf https://www.youtube.com/watch?v=3jYq1SmC-6E

【Attila Discography】
1970:Attila https://www.youtube.com/watch?v=L7s8PHnCTGI

・・・で、1971年の"Cold Spring Harbor"につながる。たしかに下積みだったろうが、けっこうひとつながりでコンスタントにアルバム出してたのね。

ビリーがより主導権取ったアッティラの音源を聴いてる。面白いなー。プログレ崩れのイタリアン・ファンクみたいなノリだ。味がめっちゃ濃いが、薄暗いクラブの片隅でグイグイと盛り上がりそう。
要するにアッティラはドラムとビリー・ジョエルのデュオか。なんというか思い切りB級。解散やむなしだが、本盤の路線を煮詰めたものも聴いて見たいね。

ハッスルズはプロモ・ビデオまであった。前者は勢いだそうとガッシャガッシャで、けっこう見づらい。後者はいなたいけど、オーソドックスな作り。若かりしビリーが見られる。




【The Hassles】Members:
Richard McKenna - guitars (1964-1969)
Jon Small - drums (1964-1969)
John Dizek - vocals, harmonica, tambourine (1964-1968)
Harry Weber - bass, organ (1964-1966)
Billy Joel - keyboards, vocals (1966-1969)
Howie Arthur Blauvelt - bass (1966-1968, 1968-1969; died 1993)

【Attila】Members:
Billy Joel: vocals, keyboards, songwriter
Jon Small: drums, songwriter
Glenn Evans: road manager and creator of the direct input of a Hammond organ to Marshall amplifiers.

関連記事

コメント

非公開コメント