あれこれツマミ聴き

なんか疲れたなー、とニコニコ動画を見てたら菊地成孔と大谷能生のJAZZDOMMUNE#17 (2015/6/16)の映像にあたった。

菊地成孔のファンは書きおこしや記録をあれこれ取ってて、データ関係がすぐわかるのは有難い。外部プレイヤーでは公開NG設定なため、ニコニコのURLをそのまま貼っておきます。
http://www.nicovideo.jp/watch/sm26556733

当日の様子、全体版がこちら。
http://kikuchigumi.blogspot.jp/search?q=%E5%B1%B1%E4%B8%8B%E9%81%94%E9%83%8E
上記抜き出しのMCの一部を、書き起こしたのがこちら。
http://miyearnzzlabo.com/archives/26966

何が言いたいかっていうと、これ見てたら音楽聴きたくなる気持ちがむくむく湧いてきた。音楽評論の一番の才能は、読んだり喋りに触れて、その音楽を聴きたくなることだと思う。

ふむふむ、と解釈に納得して腕組みも良いが、それだけではつまらない。やはり音楽に触れなくては。この動画でかける音楽はけっこう雑なDJながら、たっぷりと音楽を楽しんでる様子が伝わって、しみじみ楽しい。

ということで、さっきのBGMはカシオペア。達郎をマッシュアップするなら、なにもバラードの"ドリーミング・ガール"じゃなく、"For You"あたりを混ぜたらいいのにと思いながら見てた。

フュージョンはほとんど聴いたことが無い。なんかきれいすぎる。でも、オシャレな世界には憧れる。その世界に踏み入れよう盤を聴いては、たちまち飽きて撤退してしまうのだが。

カシオペアは特に詳しくないし、きちんと聴いてもいない。スクエアとごっちゃになってる程度の認識だ。ちょうど今流れてるのが"Light and Shadows"(1997)に収録の"THE TEASE"。ファンクなんだけどなー。これにダミ声ボーカル乗ったら、もっと親しみ湧くんだろうか。

Wiki見たら、この曲はハーヴィ・メイソンの曲。ドラムもメイソンだ。おっかしいなー。なにが違うんだ。タイトすぎるところか。ぼくにはなんか、ツルッとしすぎ。
 

やっぱり、しばらくするとカシオペアに飽きた。次に菊地雅章を聴いている。やっぱり、Jazz Dommununeの影響。そっちのニコニコ動画はこちらからどうぞ。菊地雅章の追悼番組です。
http://www.nicovideo.jp/watch/sm26801557

途中でテザード・ムーンを聴きたくなり、動画見るのは中止した。"Triangle"(1991)しか聴いたことがない。テザート・ムーンは正直ピンとこなかったんだが、カシオペアの後に聴くとシミジミする。
ロマンティックなピアノが、グッとくるなあ。落ち着いたドラムに、ベースが切り込む瞬間がかっこいい。ということで、今のBGMは"Little Abi"。

今Amazonでとんでもないプレミアがついてる。しばらく前、中古盤は高値じゃなかったはず。亡くなった直後だからかなあ。


関連記事

コメント

非公開コメント