FC2ブログ

Funkadelic 「Tales of Kidd Funkadelic」(1976)

 趣味性を隠さず、好き放題に暴れた。特にバーニーが。

 ウェストバウンド時代でファンカデリック最後のアルバム。この翌月にワーナーへ移籍盤、"Hardcore Jollies"をジョージ・クリントンはリリースする。"Hardcore Jollies"感想の項で述べたが、当時はP-Funkが全盛のとき。とにかく創作パワーがすごい。

 本盤発売直後にワーナー盤をぶつけるあたり、あまり円満な移籍とも思えない。本盤は契約消化の意味が含まれていたのかもしれない。
 だが敢えて、駄作を残す必要もない。なにせ創作力が溢れてる時期だ。かといってワーナーより売れては具合が悪いと、バーニーへ好き放題させて実験性を強める戦略ではないか。

 一般性と実験性のバランスは難しい。だが汎用性はパーラが受け止め、先鋭性はワーナー盤のファンカが担う。仮に本盤がコケてもウェストバウンドとは袂を分かつから問題ない。
 なによりもミュージシャンとして、時代の先を行く前衛性に魅力もあったろう。

 とはいえクリントンは完全に好き放題させるヌルさはない。きっちりとアルバムとして仕上げるプロデュース力も健在だ。
 具体的にはアルバムの構成。A面をポップ寄りにして、B面をバーニーの混沌たる世界観に寄せた。

 同時期のセッションから生まれた"Hardcore Jollies"に比べて、本盤のほうが参加ミュージシャンは多い。もしかしたら過去に録り溜めた音源も投入がA面で、B面が新録ではないか。
 どうやらクリントンはレコーディングって構えて集中的に作らず、ツアーの合間にあれこれと録音も並行してたらしいし。

 "Hardcore Jollies"と比べると、本盤のほうが曲名などにも凝っている。というか、たぶん当時のスラングなどが満載、マーケットを黒人層に向けてアングラ的世界を狙った。
 しかしA3を筆頭にA面は曲が粒ぞろい。ダンサブルさと粘っこい混沌がいい塩梅で混ざってる。それぞれの曲がさほど長尺ではないのに、キャッチーなフレーズを持ちながらも延々と繰り返しで没入させるファンクなアプローチを満載させた。
 だれしもA面から普通は聴き始める。この面で客への期待に応え、売れ行きへの義理も果たしたとクリントンは思ったに違いない。

 B面はバンド・サウンドではあるが、シンセサイザーが暴れまくり。特にB2。B1をドラムによるビート性持たせたアレンジにして、ファンクの素地を作る。
 あとはほぼノービート、鍵盤フレーズでグルーヴを出すB2でどっぷりと混沌を作った。もっともB2でも後半にコンガを入れてアフリカンなムードを出し、ビートを提示するあたりが老獪だが。

 キャッチーさと完成度で言えば、文句なく"Hardcore Jollies"が優れてる。けれどドラッギーで怪しげなP-Funkの魅力を味わうならば、圧倒的に本盤を推す。
 リアルタイムで聴いてた人がうらやましいね。ファンは本盤でP-Funkの濃厚さを味わいつつも、胸焼けする想いだったろう。それを痛快な"Hardcore Jollies"が、すぐさま吹き飛ばしてくれたのだから。


Track list
A1 Butt-To-Buttresuscitation 3:53
A2 Let's Take It To The People 1:50
A3 Undisco Kidd 6:34
A4 Take Your Dead Ass Home! (Say Som'n Nasty) 7:18
B1 I'm Never Gonna Tell It 3:41
B2 Tales Of Kidd Funkadelic (Opusdelite Years) 12:56
B3 How Do Yeaw View You? 3:39

Personnel:
[The Nasty & Complete Minister Of All Funkadelia] - George Clinton

Keyboards [Musical Directorius Of Cosmic Esteem In Keyboard Manipulation], Piano [All Sorts Of Pianomals], Synthesizer [Synthesizers], Effects [Electronically Created Effectees] - Bernard "Bernie DaVinci" Worrell

Bass [Basic Thumpasauric Thunderbass] - Cordell 'Boogie' Mosson
Bass [Blackbelt Thumpasauric Bass] - "Billie Bass" Nelson
Drums [Jollymolly Royal Thumper; Drums], Percussion [Percussionators & Clashers] - Jerome 'Blastifying' Brailey

Guitar ['Pizold Attack' RodanAxe] - Eddie "Maggot Brain" Hazel
Guitar [Honkiteerian Guitarisms] - Ron Brykowski
Guitar [Rambunctious Geetar], Vocals [Hellhonnik Vocalizations Of Zipsonic Audacity] - Glen 'Slumgouster' Goins
Guitar [Ready & Flammable Guitarisms; Note Thrasher Of Guitar Screamies] - 'Mangusta' Mike Hampton

Vocals [Casperosis Vocals], Bass [Space Bass] - William 'Bootsy' Collins
Vocals [Octave Transposer; Vocals Of The Squishy Ozone], Percussion [Percussion Accessories & Whatnotisms] - Calvin 'Coolcumber' Simon
Vocals [P.F.T. Warlord Genie Of Vocal Dabblations] - "Shady Grady" Thomas
Vocals [SinNasty Vocals], Guitar [Guitar Spastics] - Gary 'Dowop' Shider

Bass Vocals [Earthquakic Bass Vocals] - "Sting Ray" Davis
Tenor Vocals [The "Jaws" Of Funkadelia; Wolflurk & Tenor Vocals] - Clarence 'Fuzzy' Haskins

Backing Vocals [Maggotusi Vocal Choir (The Girls' Voices In The Kidd's Life)] - Cynthia Davis, Debbie Edwards, Debbie Wright, Donna Davis, Jessica Cleaves, Pam Vincent, Taka Kahn
Other [Frenzied Funkadelic Heavy Biz & Propaganda Force] - Archie Ivy, Cholly Bassoline, Gary Baker, Ina Meibach, Robert Mittleman, Ron Strasner, Sir Lleb Of Funkadelia

関連記事

コメント

非公開コメント