Mose Allison廉価盤4種。

「安い」と飛びつくのは、さもしい。しかし「どれが一番お得か」と比較してしまうのも確か。
Amazon検索してたらモーズ・アリソンの廉価盤が各社から出てた。非常にややこしいので整理してみる。なお、ぼくは"Back Country Suite"(1957)を聴いた程度の知識しかない。
つまり、ダブりをほとんど気にしなくていい。廉価盤でどさっと買うには最適なミュージシャンだ。

なお発売日と値段は本日付のAmazonの新品価格。【】がLP1枚当たりの値段。なんかスーパーの値段表示みたいだが。

先に結論を書こう。2)か3)か4)。・・・結論になってねえ。
1)は外せる。たぶん。リマスターとか、音質的なメリットあったら別だが。

・・・ぜんぜん絞り切れてねえ。

なぜか。盤によって微妙に一長一短あり。値段を選ぶか、バラエティさを取るか。一つ言えるのは、どれか一枚買ったら残りをさらに廉価盤で買い足すのは愚の骨頂。ダブり増やしても何の意味もない。

するとオリジナル形式のCDをチミチミ買った方がいいって選択肢もある。
どっさり買っても、聴かなかったら意味ないし。

さあ、以下のどれを選びましょうかね?

1)Complete Prestige (2014/11/25)Fresh Sound 4,675円【779円】CD3枚組

 プレスティッジの以下LP6枚を収録した。ある意味王道路線だが、音質にメリット無ければ外せるコンピだ。

 1957 : Back Country Suite (Prestige 7091)
 1957 : Local Color (Prestige 7121)
 1958 : Young Man Mose (Prestige 7137)
 1958 : Ramblin' with Mose (Prestige 7215)
 1958 : Creek Bank (Prestige 7152)
 1959 : Autumn Song (Prestige 7189)

2)Complete Recordings: 1957-1962 (2015/3/10) Enlightenment 2,344円【213円】CD5枚組

 1)収録の6枚に加え、以下の5枚と、
1959 : Transfiguration of Hiram Brown (Columbia)
1960 : I Love the Life I Live (Columbia)
1961 : Takes to the Hills (Epic)
1962 : I Don't Worry About a Thing (Atlantic)
1962 : Swingin' Machine (Atlantic)

 この英Esquireの4曲EP盤をジャケットから類推するに、収録のようだ。
1960 : One Room Country Shack (Esquire)

3)Collection 1956-62 (2015/1/13) Acrobat 2,286円【?円】CD4枚組

 良くわからんコンピ。アルバム全曲を収録でもなさそうだ。
 "Back Country Suite"~"I Don't Worry About a Thing"の時期ながら、Zoot Sims や Al Cohnのアルバムに参加した音源も収録してるっぽい。LP何枚分か、換算できない。

4)7 Classic Albums  (2014/9/16) Real Gone Jazz 1,285円【183円】CD4枚組

 お馴染みRGJ盤。以下LP 7枚を収録して、コスパは最も良い。時に盤起こしレベルと、音質の悪さに定評あり。安かろう、悪かろう・・・?

 1957 : Back Country Suite (Prestige 7091)
 1957 : Local Color (Prestige 7121)
 1958 : Young Man Mose (Prestige 7137)
 1958 : Ramblin' with Mose (Prestige 7215)
 1958 : Creek Bank (Prestige 7152)
 1959 : Autumn Song (Prestige 7189)
 1960 : I Love the Life I Live (Columbia)

関連記事

コメント

非公開コメント