クリントンの現代性

ファンカデリック名義の新譜な3枚組"First Ya Gotta Shake The Gate"(2014)を聴いている。予想以上に面白い。ジョージ・クリントン(73歳)は、過去の遺産に安住せずにいまだ新作をぶつけてくる。楽隠居とか無いのか。

数年前に聴いたライブはエンターテイメントに徹し、過去のファンを失望させぬヒット曲集だった。今年も来日するようだが、値段的にもいまいち食指が動かない。動いてるのを確認しに1セットのライブへ1万5千円って、ちょっとなあ・・・。値段設定からしてツアー・ビジネスのターゲットって、若者狙いと思えない。

だがアルバムは違う。"First Ya Gotta Shake The Gate"では、まだ現代の黒人音楽へジョージは色気があるようだ。クールに抑えつつ、打ち込みビートに生演奏をまぶすサウンドは、まだじっくり聴けて無いが、なんだか歳相応のしぶといファンクっぷりを感じた。

ノスタルジーでも、若者に媚びでもない。今の黒人音楽を咀嚼しつつ、自分のフィルターを通して放出する創作力がサウンドから滲む。むやみにフロアで踊らせようとせず、しかしダンサブルさは強靭に残す。じっくり聴くほどに本盤は、いろいろ気づきがありそうだ。

思えばジョージは貪欲に時代と融合してきた。それがJBやEW&Fやスライ(本盤、7曲に参加)と異なる。もっといえば、ブーツィとも。
80年代初期でトーンダウンしたが(訴訟対応らしい)、そのあともプリンスとがっぷりビジネス的にタッグを組み、プリンスと言う80年代を代表するファンクの象徴をあっさり通り抜けた。

さらにヒップホップへも親和性高いアルバムを、すんなりと仕上げる。プリンスすらもラップはぎこちなかったのに。
そのうえ生演奏のダイナミズムがP-Funkの強烈な魅力だが、一方で打ち込みビートも滑らかに吸収する。このバランス感覚、すなわち柔軟な適応力と奔放さがジョージの強力な武器と思う。

そして新作"First Ya Gotta Shake The Gate"。クレジットや録音場所が多岐にわたることから、あちこちで長年行った録音の集大成だろうか。歌詞が分かればなあ。なにか一気通貫のコンセプトあるのかもしれない。
このブログ見てると、P-Funkは歌詞も色々と時代性を帯びてて興味深い。なおこのブログ、訳詞が滑らかで素晴らしい。

本作は時代の最先端を狙わない。そもそも70歳を超えて時代の最先端行かれても困る。若い者の立場が無い。
ではなくて、歳を重ねた等身大のサウンドを現代風に仕上げた。甘さや派手さより、渋くしたたかに。
正直、最初に聴いたらピンとこなかった。地味だし。70年代のP-Funk聴けばいいや、と思った。瑞々しいパワーを聴くのは選択肢としてポピュラー音楽の意味合いから間違ってない。つまりエンターテイメント、の観点で。

だが本作はエンターテイメントと別次元の観点で、なんか気になる。アグレッシブな勢いとは別の、ぶっとく重たい魅力が本盤から滲む。うーん・・・上手いこと、言語化できない。もう少し、聴き重ねてみよう。

おまけ。
ジョージはP-Funkでデビュー前、ドゥワップなどのシングルを何枚か出していた。
ふとYoutube検索すると・・・恐るべし、ほぼすべてが聴ける。音質気にしなければ、レア盤とか今はあんまり関係ないんだな。

以下、発表順にP-Funkデビュー前まで並べてみた。
当然、これらのサウンドにP-Funkを求めてはいけない。

Personnel :
George Clinton (Lead)
Ray Davis
Fuzzy Haskins
Calvin Simon
Grady Thomas

1958:Poor Willie/Party Boys (APT 45-25036)
(A/B面メドレー)

1959:Lonely Island/You Make Me Wanna Cry (Flipp Records FL-45-100)
(A/B面メドレー)

1963:I'll Get You Yet / You're Cute (Symbol 917)
A面;Youtube なし

1963:You're Not Hurting Him (You're Hurting Me)(Jobete 片面アセテートのみ?)
Youtube なし

1966:Heart Trouble/That Was My Girl (Golden World GW-46)

本盤以降はレヴィロットからリリース。P-Funk前夜、だ。

1967: (I Wanna) Testify/I Can Feel The Ice Melting(Revilot RV-207)

A面は"Up for the Down Stroke"(1974)でセルフカバー。パーラメントのバージョンはこれ。

1967:All Your Goodies Are Gone (The Loser's Seat) 
      / Don't Be Sore At Me (RV 211)
1968:Good Old Music / Time (RV 223)

A面は"Funkadelic"(1970)でセルフカバー。ファンカデリックのバージョンはこれ。

1968:A New Day Begins / I'll Wait (RV 228)

1968:Little Man / The Goose (That Laid The Golden Egg) (RV 214)

1968:Look At What I Almost Missed / What You Been Growing (RV 217)

本シングル盤のみ、ひょこっとSoultownからリリースされてる。理由はよくわからない。A面とB面は、それぞれ67年のレヴィロット盤とバージョン違いなのだろうか。
A/B面ともYoutubeに見当たらず。
1969:(I Wanna) Testify / All Your Goodies Are Gone (The Loser's Seat) (502)
関連記事

コメント

非公開コメント