木村環 展

昨日、原宿ギャラリーニイクへ木村環さんの個展に行ってきた。
2015年7月10日(金)~18日(土) 11:00~19:00 (最終17:00)
@ギャラリーニイク(東京都渋谷区神宮前4-2-19)
http://www.gallery219.com/exhibition/20150710.html

リンク先の画像でお分かりのように、素晴らしく緻密で精妙な絵柄で、幻想風景が描かれる。今回、ルーペも会場に置かれてた。すみずみまで絵の世界を味わえる仕組み。

驚嘆すべきはシャープペンシルでこれらの絵を次々に発表しているところ。こんなに細かいのに、一年に一枚とかってレベルじゃない。小作品は数日できることもあるとか。今回の新作って、5月に金沢で個展のあと、新たに描かれたものだろうか。

今回は十数点ほど展示されてたかな。11年の作品が何枚かと、新作が7枚くらいだったろうか。11年の作品がモノクロ基調で、新作が滲み出る赤が印象的なカラフルなもの。双方の振り幅を一つの個展で味わえる仕組みだと感じた。

東京での個展は三年ぶり。もうそんなになるのか。昨年の青山アートフェアに参加されており久しぶり感はさほどでもないが。著者は札幌在住のため、なかなか東京で見られない、貴重な機会だ。

一昨年の伊ボローニャ絵本原画展で入選を切っ掛けに、入選作がフランスのLirabelle社から近々に出版される。もう出たのかな?上手く検索できない。http://www.lirabelle.fr/
フランス語は大学時代に第二外国語で選択したていどの、知識はある。なんと1から4までは数えられる。あれ、どんなスペルだっけ。

関連記事

コメント

非公開コメント