TZ 7315:John Zorn "Filmworks VII: Cynical Hysterie Hour"(1989)

ジョン・ゾーンにしては珍しく、しごくまっとうなサントラだ。映画は玖保キリコの「シニカル・ヒステリー・アワー」(1989)。玖保が監督も務めた。
合計4本、各8分のショート・ムービーがつくられるたびに、合わせて音楽も4種類のセッションがそれぞれ行われた。ジョン・ゾーンの人脈勢揃い。整ってポップでちょっと変てこなラウンジ・ミュージックが詰まってる。


バブル前夜の街が浮かれてた時期。お金の匂いがぷんぷんする。一世を風靡した玖保キリコの本作がアニメになったのは当時、小耳にはさんでた。ぼくが大学生の頃か。映画館へ見に行くほど興味無かったが・・・。音楽がこんな豪華なメンツと、かなり後になって驚いた。

まず一番最初の、ねじれたウエスタンみたいなアイキャッチの音楽にびっくり。ゾーンはこういうCM音楽作るの、めちゃくちゃ上手いんだよな。まず積極的に作らないのだが。

音楽はどれも、どこか脱力してる。しかし鋭さと変てこなパンチ力を備えた。きっちりアレンジされつつ、アドリブを個々のミュージシャンが入れていく。とはいえ全体像はコンパクトで、コントロールされたイメージ。
映画音楽は自己表現の場で、あまり映画そのものは意識しないとゾーンはライナーで韜晦する。だけど本作ばかりは、ビジネスライクな完成度とゾーン自身の音楽表現の双方が見事に並列した傑作だと思う。なお楽中で聴こえる日本人女性の歌は、玖保キリコ本人だ。

映画は全て、今はYoutubeで見られる。タイトルで音楽と絵の合いっぷりにびっくり。音楽が先なの?クレジットではジョン・ゾーンの名前が二番目に現れるあたり、ゾーンの存在はかなり重要な位置づけのようだが。

 

 

Personnel:
Tracks 1–6 recorded at Shelly Palmer Studio, New York City in October 1988

Bill Frisell: electric guitar, banjo
Carol Emanuel: harp
Wayne Horvitz: keyboards
Kermit Driscoll: acoustic & electric bass
Bobby Previte: drums, percussion
Cyro Baptista: Brazilian percussion
Christian Marclay: turntables

Tracks 7–14 recorded at Shelly Palmer Studio, New York City in October 1988
Arto Lindsay: electric guitar
Robert Quine: electric guitar
Marc Ribot: electric guitar, banjo
Carol Emanuel: harp
Peter Scherer: keyboards
David Hofstra: acoustic & electric bass
Cyro Baptista: Brazilian percussion
Bobby Previte: drums, percussion

Tracks 15–18 recorded at Shelly Palmer Studio, New York City in January 1989
Marc Ribot: acoustic & electric guitar, banjo
Carol Emanuel: harp
Jill Jaffee: violin, viola
Maxine Neuman: cello
Peter Scherer: keyboards
David Hofstra: acoustic & electric bass, tuba
Cyro Baptista: Brazilian percussion
Ikue Mori: drum machine

Tracks 19–26 recorded at Shelly Palmer Studio, New York City in January 1989
Bill Frisell: electric & acoustic guitar, banjo
Robert Quine: electric guitar
Carol Emanuel: harp
Peter Scherer: keyboards
David Hofstra: electric & acoustic bass, tuba
Cyro Baptista: Brazilian percussion
Bobby Previte: drums, percussion
Arto Lindsay: vocal
玖保キリコ: vocal

関連記事

コメント

非公開コメント