Van Morrison新譜

3月発売のヴァン新譜は"Duets: Re-Working the Catalogue"、セルフカバーのデュオ集。敢えて有名曲を外した選曲のオリジナル発表年を整理してみた。

まあ、渋いセンス。年代はバラバラ。しかも近作からも採用し、たんなる"自らの懐メロ"路線でもない。アルバムから2曲とりあげてるのが、【Hymns To The Silence】[1991]と【The Healing Game】[1997]から。・・・って、90年代の円熟ヴァン時代からだ。

ヴァンのブートはいくつか聴いてるが、ライブでも取り上げて無さそうな埋もれた曲も取り上げてるっぽい。
ヴァンは新味より掘り下げるタイプで、駄作が無い。今年70歳、枯れても脂分がにじみ出る。今回の新譜も、味わい深く噛みしめて聴けるといいな。

先行で配信のマイケル・ヴーヴレとの"Real Real Gone"を聴く限り、アレンジはオリジナルと変えて無さそうだが。他の曲はどうだろう。

ちなみに"Real, Real Gone"は最初、76~78年に録音されるもボツ。もういちど80年に録音だが、これもボツ。これは没曲コンピ"The Philosopher's Stone"で聴ける。
さらにアレンジをちょっと変えて【Enlightenment】[1990]で、ようやく正式リリースされた。
ヴァンも思い入れある曲なのか、ライブでもたびたび取り上げられた。昨年10/28のRoyal Albert Hall公演でも演奏している。

今回リリース情報はこちら。

()がデュオ相手、【】がアルバム名、[]が発表年度。

1. Some Peace of Mind (ft. Bobby Womack) 
【Hymns To The Silence】[1991]

2. Lord, If I Ever Needed Someone (ft. Mavis Staples) 
【His Band And The Street Choir】[1970]

3. Higher Than the World (ft. George Benson) 
【Inarticulate Speech Of The Heart】[1983]

4. Wild Honey (ft. Joss Stone) 
【Common One】[1980]

5. Whatever Happened to P.J. Proby? (ft. P.J. Proby) 
【Down The Road】[2002]

6. Carrying a Torch (ft. Clare Teal) 
【Hymns To The Silence】[1991]

7. The Eternal Kansas City (ft. Gregory Porter) 
【A Period Of Transition】[1977]

8. Streets of Arklow (ft. Mick Hucknall) 
【Veedon Fleece】[1974]

9. These Are the Days (ft. Natalie Cole) 
【Avalon Sunset】[1989]

10. Get On with the Show (ft. Georgie Fame) 
【What's Wrong With This Picture?】[2003]

11. Rough God Goes Riding (ft. Shana Morrison) 
【The Healing Game】[1997]

12. Fire in the Belly (ft. Steve Winwood) 
【The Healing Game】[1997]

13. Born to Sing (ft. Chris Farlowe) 
【Born To Sing: No Plan B】[2012]

14. Irish Heartbeat (ft. Mark Knopfler) 
【Irish Heartbeat】[1988]

15. Real Real Gone (ft. Michael Bublé) 
【Enlightenment】[1990]

16. How Can a Poor Boy (ft. Taj Mahal) released on Keep It Simple, 2008)
【Keep It Simple】[2008]


関連記事

コメント

非公開コメント