FC2ブログ

キャノンボール・アダレイ/ナット・アダレイ:目次

 Cannonball Adderley,Nat Adderleyの感想目次を別建てにした。

 キャノンボール・アダレイは今、名前こそ残ってはいるが、過去作を積極的に聴かれることは少ないかもしれない。
 キャノンボールは名盤"Somethin' Else"(1958)を残し、マイルス・バンドへ参加し、50年代の全盛期は猛烈に饒舌なアドリブをばら撒いた。"Mercy,Mercy,Mercy"(1966)でソウルジャズにうまく移行して、なおかつボサノバなど多様な音楽性を貪欲に吸収した。

 もっとも彼の諸作を聴き進めると、享楽性とおっとりした人柄が伝わる。60年代はライブ盤を連発して、スタジオにじっくりこもるスタンスは取らなかった。一枚づつ聴くと、先鋭さを追求してたのはわかる。
 しかし晩年には影が薄くなってしまった。彼自身のパワー・ダウンも否めない。それゆえなのか自らが前に出ず、バンド運営に気を配り、サイドメンの才能をアピールに心を砕いた。
 
 そのキャノンボールを支え続けたのが弟である、ナット・アダレイだった。
 いまではどうやら格落ちと評価されている。超スタンダード"Work song"を作曲し、明るい溌剌さを維持したにも関わらず。
 詳細なディスコグラフィーを誇るjazzdisco.orgでもキャノンボールの独立ページがあるにもかかわらず、ナットは無い。

 アダレイ兄弟が、どんな音楽活動をしたか。それを追体験しようと彼らのアルバムを聴き進めてみた。

【Cannonball Adderley:リーダー作】
 「Presenting Cannonball Adderley」(1955)
 「Julian "Cannonball" Adderley」(1955)
 「and Strings」(1955)

 「In the Land of Hi-Fi with Julian Cannonball Adderley」(1956)
 「Sophisticated Swing」(1957)
 「Cannonball Enroute」(1957)
 「Cannonball's Sharpshooters」(1958)
 「Somethin' Else」(1958)
 「Portrait of Cannonball」(1958)
 「Jump for Joy」(1958)
 「Things Are Getting Better」(1958)
 「Quintet in Chicago」(1959)
 「Cannonball Takes Charge」(1959)
 「Quintet in San Francisco」(1959)

 「Them Dirty Blues」(1960)
 「and the Poll-Winners」(1960)
 「Quintet at the Lighthouse」(1960)
 「Know What I Mean?」(1961)
 「African Waltz」(1961)
 「Plus」(1961)
 「Nancy Wilson/Cannonball Adderley」(1961)
 「In New York」(1962)
 「Cannonball in Europe!」(1962)
 「Jazz Workshop Revisited」(1962)
 「Cannonball's Bossa Nova」(1962)
 「Nippon Soul」(1964)
 「Fiddler on the Roof」(1964)
 「Live Session!」(1964)

 「Domination」(1965)
 「Money in the Pocket」(1966/2005)
 「Great Love Themes」(1966)
 「Mercy, Mercy, Mercy! Live at "The Club"」(1966)
 「Cannonball in Japan」(1966)
 「Radio Nights」(1967/1991)
 「74 Miles Away」(1967)
 「Why Am I Treated So Bad!」(1967)
 「In Person」(1968)
 「Accent on Africa」(1968)
 「Country Preacher」(1969)

 「The Cannonball Adderley Quintet & Orchestra」(1970)
 「Love, Sex, and the Zodiac」(1970/1974)
 「The Price You Got to Pay to Be Free」(1970)
 「The Happy People」(1970/1972)
 「The Black Messiah」(1971)
 「Music You All」(1972/1976)
 「Inside Straight」(1973)
 「Pyramid」(1974)
 「Phenix」(1975)
 「Lovers」(1975)
 「Big Man: The Legend of John Henry」(1975)



【Natl Adderley:リーダー作】
 「That's Nat」(1955)
 「Introducing Nat Adderley」(1955)
 「To the Ivy League from Nat」(1956)
 「Branching Out」(1958)
 「Much Brass」(1959)

 「Work Song」 (1960)
 「That's Right!」 (1960)
 「Naturally!」 (1961)
 「In the Bag」 (1962)
 「Little Big Horn」 (1963)
 「Autobiography」 (1964)

 「Sayin' Somethin'」(1966)
 「Live at Memory Lane」(1966)
 「The Scavenger」 (1968)
 「You, Baby」(1968)
 「Calling Out Loud」(1968)

 「Soul Zodiac」 (1972)
 「Soul of the Bible」 (1972)
 「Double Exposure」 (1974)
 「Don't Look Back」 (1976)
 「Hummin'」 (1976)
 「A Little New York Midtown Music」 (1978)

 「On the Move」 (1982)
 「Blue Autumn」 (1982)
 「We Remember Cannon」 (1989)

 「Autumn Leaves」 (1990)
 「Work Song: Live at Sweet Basil」 (1990)
 「Talkin' About You」 (1990)
 「The Old Country」 (1990)
 「Workin'」 (1992)
 「Working」 (1993)
 「Good Company」 (1994)
 「Live at the 1994 Floating Jazz Festival」 (1994)
 「Live on Planet Earth」 (1995)
 「Mercy, Mercy, Mercy」 (1995)



【Cannonball/Nat Adderley:サイドメン参加作】
(CA:キャノンボール、NA:ナット参加)

1955 Kenny Clarke 「Bohemia After Dark」 (CA/NA)
1958 Miles Davis 「Milestones」 (CA)
1958 Sonny Rollins 「And The Big Brass」 (NA)
1959 Paul Chambers 「Go」 (CA)
関連記事

コメント

非公開コメント