Ricked Wicky

元Guided by Voices (以下、GbV)のロバート・ポラードが新バンド、Ricked Wickyを始動した。1/20にシングル3枚を同時リリース、今回2/3に1stアルバム"I Sell The Circus"をドロップ。ようやく届いた。GbVよりバンドっぽさが減って、密室性が増した気がする。トッド・トバイアスの功績か。

Ricked Wickyは元GbVのメンバーたち。
もともとGbVはアルバムごとにメンバー変わるようなありさま。ロバート以外は流動的で、彼以外、全とっかえしたときもあった。仲たがいとは違うのかも。そのあと、しれっとバンドに戻ったメンバーもいるし。
なら今回もGbVでいいじゃん、とも思うが。ロバート的には何か、違うらしい。

ロバートはGbV後にバンドとして、Boston Spaceshipを立ち上げた。だがまあ、上手くいかなかった。アルバム数枚、ツアーは一回だけして解散した。このバンドに参加した二人が昨年秋、ロバートを除いて新バンドEyelidsが始まったあたりからしても。
結局ロバートはGbVを再始動。だが再GbVも昨年ツアー中に、いきなり解散した。どうもロバートはバンドが長続きしない。

まあいい、Ricked Wickyだ。各メンバーのGbV在籍期間を整理してみた。
Robert Pollard ,g,vo : 1983 -2014
Todd Tobias    ,b     :2002 -2004
Kevin March    ,ds   :2001 -2004
Nick Mitchell  ,g,vo  :なし

ニックの名前は初めてGbV界隈で見た。経歴は不明。1曲だけの参加だし、メンバーじゃないのかも。
実質Ricked Wickyはトリオ編成、かな。トッド・トバイアスはロバートのソロで,欠かせない人物。ここ何年も、ロバートのソロで楽器全部を一人で演奏してる。やっぱりなぜ今回、バンド名義か分からない。

なお先行シングル3枚のB面は全て、アルバム未収録。ロバートの良くやる手だ。シングルのフィジカル・リリースは各500枚の限定盤。ただし日本のi-tunesでも配信されており、B面を聴くのは簡単だ。まだ買ってないけど。

Ricked Wickyの1stを聴いてるが、どっか軽い。録音が細いな。GbVでのパンキッシュさや前衛要素は控え、もっとポップ寄りな印象ある。バンド名義なのに宅録っぽい印象も。そもそもトッドは多重録音でバンド風のグルーヴ出すのがうまいのに。なんかへんなの。
楽曲を聴く限り、いちおうはライブ演奏も意識してそうだ。今後の活動が楽しみ。

ちなみに本バンド名義で既に2ndアルバム"King Heavy Metal"も録音すみ。6/23に発売される。
ついでにロバートのソロ、"Faulty Superheroes"も4/28に発売予定。昨年だかに「新譜は作らない」宣言をロバートがした気もするが、どうやら気のせいだったらしい。相変わらず多作な人だ。

Ricked Wicky 1st収録曲。こっちの方がポップでカッコいい。


こっちはロバート節って感じだな。


【Discography】
1/20 Single "Piss Face" (c/w "Temporarily Inane"はアルバム未収)
1/20  〃  "Mobility"  (c/w "Imminent Fall From Grace"は 〃 )
1/20  〃  "Death Metal Kid" (c/w "Hopefully Not In The Fall" は〃)
2/3  Album  "I Sell The Circus"
6/23 〃  "King Heavy Metal"

(最新インタビュー)
関連記事

コメント

非公開コメント