FC2ブログ

Smokey Robinson & the Miracles 「Flying High Together」(1972)

 正に花道。スモーキー脱退の最終アルバム。カバーは多いが力は籠ってる。

 Wikiによるとスモーキー・ロビンソンが本盤を持ってミラクルズを卒業は、モータウンの副社長業に専念のためとある。背広組になるため歌手業を絶頂で引退するとは。すごい理由付けだな。
 もっとも翌年に"Smokey"(1973)でソロとして、スモーキーは歌手業を再開する。
 副社長業に専念うんぬん、の発表が当時あったとしても、単に低迷気味なミラクルズを切り捨てる口実だったのかもしれない。

 本盤は全11曲。チャイ・ライツのB1、スタイリスティックスのB5と違う派閥のソウル・ヒットに目配りってとこか。
、さらにマイケル・ジャクソンのレパートリーとしてA2、B4。そしてマーヴィン・ゲイとタミー・テレルが68年に歌ったをB2をカバーした。

 スティーヴィー・ワンダーとシリータ・ライトのA6,B3は本盤への書き下ろしのようだ。両曲のプロデュースもスティーヴィー。
 残るA1,A3~A5がオリジナル曲か。ジョニー・ブリストルらが曲を書いた。

 半数が近年にヒット曲のカバーと安易な企画に思えるけれど、これは例えば"What Love Has...Joined Together"(1970)とは一転して、溌剌としてる。楽しめた。
 全部オリジナル曲にするほど力は込めてない。とはいえスモーキーの歌声をたっぷり聴ける。
 アレンジも弦や管があったって、モータウン印の強力にキャッチーなグルーヴはファンク・ブラザーズが叩き出した。少し大人しくなったとはいえ、60年代全盛期の節操無くヒット曲を量産する気概な、モータウンのノリがきちんと出た。

 特にスティーヴィーの2曲が佳曲。独特の世界観を出しててアルバムの良いアクセントになっている。

 当人たちや背広組にスモーキーのミラクルズ脱退は、どのていど感慨があったのだろう。来るべきもの、とあっさり受け止められたのではないか、と想像する。チャート・インパクト的にも、どちらかと言うと懐メロ・グループとして時代の牽引はしてなかったっぽいし。

 とはいえアルバムづくりは本盤で全力投球。スモーキーという歌手を存分にアピールした上で、カバー曲満載で敷居を低くした。この辺が、スモーキーが気持ちよく卒業にふさわしい、花道な作りだなあと思うしだい。
 切ないムードのバックとハーモニーに、ファルセットが映えまくる。



Track list
A1 I Can't Stand To See You Cry 3:18
A2 Theme From Love Story 3:30
A3 We've Come Too Far To End It Now 3:25
A4 Flying High Together 2:50
A5 With Your Love Came 3:07
A6 It Will Be Alright 3:09
B1 Oh Girl 2:57
B2 You Ain't Livin' Till You're Lovin' 2:56
B3 We Had A Love So Strong 2:54
B4 Got To Be There 4:30
B5 Betcha By Golly, Wow 4:38

The Miracles
Smokey Robinson - lead vocals
Claudette Rogers Robinson - backing vocals
Pete Moore - backing vocals
Ronnie White - backing vocals
Bobby Rogers - backing vocals
Marv Tarplin - guitar

Additional
The Funk Brothers - other instrumentation
H.B. Barnum - arranger
David Van De Pitte - arranger
Eddie Nucilli - arranger

関連記事

コメント

非公開コメント