FC2ブログ

Sea and Cake 「Everybody」(2007)

 テンポにかかわらず密やかで静かなロックのアルバム。

 シー&ケイクが"One Bedroom"(2003)ぶりにリリースした本作は、宣伝文句にも「これはロック・アルバムだ」ってプレスコットの発言が使われた。
 シンプルなコンボ編成。オーバーダブを表面に出さず、見通しの良い音像を作った。


 小気味よいエイトビート、爽やかなエレキギターの響き。しかし冷たく穏やかなムードが常に漂う。熱気が真空パックされ、一袋かぶせて表現された。
 きれいで滑らかなメロディを、柔らかい歌声で奏でる。ハイハットとスネアが微妙にずれ気味に鳴り、単純そうに見えて練られたリズムが補強した。

 全10曲、ケン・シャンピオンのペダル・スティール以外はゲストも無くメンバーだけで製作の本盤は、汗臭い激しさを隅々まで拭い去った。
 スロウコアやシューゲイザーのような内省さとも違う。開放的で明るいメロディとアレンジにもかかわらず、本盤のロックはどこまでも無菌状態でスマートだ。

 たとえばスティーリー・ダンのように、精緻にコントロールとも違う。細やかに音色やアレンジの細部へ気は配られているが。でもマシンみたいに鋭くタイトな演奏は、テクニック的にも凄いか。実はサンプリング・ループで組み立てられてたりして。

 小粋でスマートな本盤の方向性は癖になる。覇気はあるのに涼やかなムードを崩さない。聴いててとても、心地よい。


Track list
1 Up On Crutches 3:36
2 Too Strong 2:52
3 Crossing Line 2:46
4 Middlenight 3:32
5 Coconut 2:54
6 Exact To Me 3:39
7 Lightning 4:11
8 Introducing 3:22
9 Left On 4:53
10 Transparent 4:47

Personnel:
Sam Prekop – vocals, guitar
Archer Prewitt – guitar, vocals, keyboards
Eric Claridge – bass guitar, keyboards
John McEntire – drums, vibraphone, keyboards, percussion
Ken Champion – pedal steel guitar

関連記事

コメント

非公開コメント